マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

河井克行法相辞任の訳は?「妻の参院選に公選法違反」か?妻・河合案里はどうなる?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191031095540p:plain


河井克行法務大臣(56)と妻の案里・自民党参院議員(46)が、7月の参院選で、ウグイス嬢に違法な報酬を払う「運動員買収」に関与した疑いのあることが「文春砲」で分かりました。

10月31日には、「辞表」を提出しました。

菅原大臣に続いての不祥事です。今度は妻・河合案里議員も絡んでおり、成り行きが注目されます。

ここでは、河合克行大臣のWiki経歴と、選挙違反の実態・妻 河合案里議員の今後に迫ってみました。




河井克行氏のwiki風プロフ


f:id:oyakudachi395:20191031095559p:plain


◆ 名前:河井克行(かわいかつゆき)

◆ 生年月日:1963年3月11日(56歳)

◆ 出身地:広島県

◆ 学歴:慶應義塾大学法学部政治学

◆ 職業:政治家,衆議院議員自由民主党・7期)、

◆ 家族:妻・河井案里参議院議員

河井克行氏の経歴

・1981年(昭和56年) 広島学院高等学校を卒業。慶應義塾大学法学部政治学科に入学する

・1985年(昭和60年) 慶應義塾大学法学部政治学科(専攻、東南アジアの国際政治)卒業し、松下政経塾に第6期生として入塾。同期に奈良俊幸越前市長がいる

・1991年(平成 3年) 広島県議会議員選挙に広島市安佐南区選挙区から立候補し、初当選。

・1996年(平成 8年) 第41回衆議院議員総選挙広島3区より立候補し、初当選。

・2005年(平成17年) 自由民主党国会対策副委員長に就任する

・2012年9月の自由民主党総裁選挙では安倍晋三を支持し、安倍の推薦人に名を連ねた

・2015年(平成27年) 第3次安倍改造内閣内閣総理大臣補佐官に就任する。

・2019年(令和元年) 第4次安倍第2次改造内閣法務大臣に就任する

・妻は、元広島県議会議員(広島市安佐南区選出)、参議院議員広島県選挙区)の河井案里(2009年広島県知事選挙で落選、2019年の参院選自民党公認で出馬し、初当選)


河合法相・妻の参院選公選法違反の疑い?

今年7月の参院選では、河井氏は、妻の案里氏を参院選広島選挙区(改選2)に出馬させ、自民党現職と野党候補との間で、熾烈な選挙戦となった。

結局、菅義偉官房長官公明党などの支援を受けた案里氏が、自民党現職を振り切り、初当選。

選挙でのウグイス嬢の報酬は、公職選挙法で上限額が1日1万5000円と定められている。だが、ウグイス嬢や河井氏の後援会関係者、広島県連関係者などを取材すると、案里氏の事務所はウグイス嬢13人に対し、法定額の倍の1日3万円を支払っていた疑いがあることがわかった。
さらに、ウグイス嬢の領収書や支払いを記した“裏帳簿“を入手。

こうした文書によれば、案里氏の事務所は、選挙期間中には、1日1万5000円を支払ったことにして領収書をウグイス嬢に書かせ、残りの額は、公示(7月4日)前の7月1日付で、選挙が始まる前の「人件費」で支払った形にしていた。

なお、取材に応じたウグイス嬢9人は、選挙前には活動を行っていなかったと証言している。

 こうした支払い方法の指示やウグイス嬢との連絡は、克行氏の元公設秘書で、当時は案里氏の秘書を務めていた男性が行っており、支払いなどの実務は経理担当の女性秘書が行っていたという。

案里氏は、当選するまで事務所を克行氏の事務所に置いており、克行氏が案里氏の参院選を仕切っていた。

「これは公選法が禁じる典型的な運動員買収です。買収した人もされた人も、3年以下の懲役・禁固又は50万円以下の罰金に問われます。候補者本人が与り知らない場合であっても、秘書や出納責任者など一定の立場の人による買収が確定すれば、連座制が適用され、当選無効となります」

河合案里参議院銀はどうなる?



f:id:oyakudachi395:20191031095625p:plain


河井案里参院議員の責任をとり旦那の河井克行が辞任する件で、河井案里が選挙の時に、ウグイス嬢に限度額を超える報酬を支払ったとして今後が注目される。

河合案里議員は、広島文化大学の助教授などを兼任しており IQ レベルもかなり高いものがあると思われます。

間違いなく法律上違反を犯していますのでそれなりの処分や対処というものを受けるのは間違いなさそうです。

最悪、「逮捕」の可能性も無きにしも非ずだと思います。

議会での追及が、激しいものになることも予想されますね!


河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!(11月7日 追記)

またまた「文春砲」がさく裂しました。

高木である、県警が「大臣の犯罪を見逃した」のです。その状況は?


10月5日に起こりました。

河井氏は、午前中に広島市安佐北区の幼稚園や小学校の運動会を回っていた。

通常なら40~50分かかる距離だった。だが、河合氏は小学校を出発したのは11時は頃だった。

正午から北広島町で始まるイベントのため、急いで広島県内を移動していた。

その際、河井大臣(当時)が急ぐように求め、80キロ制限の高速道路を、
60キロオーバーの140キロで走行したというのです。

50キロ以上の超過は本来、一発免停で、6カ月以下の懲役又は10万円以下の罰金となる。

ところが、警護についていた広島県警の後続車両は、140キロで走る河井氏の車を追いかけつつ、
事務所に注意を促す電話を入れたのみで、違反を検挙しなかったというのだ。

その決定的な証拠を「週刊文春」は新たに入手した。

克行氏と事務所スタッフらとのLINE上のやり取りだ。

そこには、10月5日の12時に

〈県警より、「現在140キロで飛ばされていますが、このようなことをされたら、こちらとしてはかばいきれません。時間に余裕を持って、時間割を組んでください」とお電話がありました〉

と記されていた。

”速度違反しても間に合うようにせよ!”と指示があり、このことは元運転手からの証言もあったのです。


まとめ

いかがでしたか?

領収書の写しなどが明るみに出て、河合氏は弁明の余地がありません。

法務行政のトップに立ち、特捜部などの捜査に対し指揮権を持つ法務大臣夫妻に、公選法違反の疑いが生じたことで、10月31日、早々に辞表を提出し、法務大臣を辞任しました。

菅原大臣に続き、河合大臣が辞任し安倍首相の任命責任が問われます。






関連記事は以下にもあります。

⇒菅原一秀(経産省)のWiki経歴と家族は?「秘書に給与上納」がヤバイ?の記事はコチラ

⇒北海道函館西警察の「集団不倫」で13件の処分が酷い?ショートボブ女性刑事とは?の記事はコチラ


最後までお読みいただきありがとうございます。