マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

国母和宏(プロスノーボーダー)のWiki経歴と家族は?大麻所持で逮捕か?服装騒動がヤバかった!

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191106143828p:plain


バンクーバーオリンピックの日本代表でプロスノーボーダー國母和宏容疑者が、厚生労働省麻薬取締部大麻密輸の疑いで逮捕されたことがわかった。

厚生労働省麻薬取締部によると、大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、プロスノーボーダーバンクーバーオリンピック日本代表の國母和宏容疑者(31)。國母容疑者は大麻密輸の疑いで逮捕されたという

男¥小久保容疑者は、海外で開催された世界的な大会でも連続入賞しており、当時メディアにも多数取り上げられていた。


日本選手団公式ユニフォームの着こなしで“騒動”も起こしており、ここでは、

国母和宏容疑者のWiki経歴と家族、過去の騒動、大麻所持に実際に迫ってみました。




国母和宏wiki風プロフ


f:id:oyakudachi395:20191106143847p:plain


◆ 名前:国母和宏(こくぼかずひろ)

◆ 生年月日:1988年8月16日(31歳)

◆ 出身地:北海道石狩市

◆ 学歴:北海道東海大学/東海大学国際文化学部

◆ 職業:スノーボードバックカントリースノーボード)選手及び指導者
全日本スキー連盟スノーボード技術コーチジャンル

🔸 家族:夫人、子供2人、



国母和宏の経歴

・既婚者であり、2009年11月16日に3歳年上の一般人女性と結婚している.。


・4歳の時にスキー場で初めてスノーボードを目にし、父親に頼み込んで始めたという。


・子供の頃からバックカントリー等を滑り、世界に通用する独特のスタイルを身につけ
  ていく。


石狩市立生振小学校在校中に史上最年少の11歳でプロ試験に合格。


・12歳でバートン・スノーボードとプロ契約をし、国内外での選手活動を
 本格化させる。


・登別大谷高校に進学すると三大国際大会の一つであるFISワールドカップのサース
 フェー大会(スイス)で優勝するなど頭角を現していく。


・高校卒業後は北海道東海大学に進学して選手活動を継続する。


・2003年、世界最大規模のスノーボード大会バートン・グローバル・オープンの一つ
 全米オープンにて14歳ながら2位となり、注目を浴びた。
 この頃からスタンダードフィルム(英語版)の撮影クルーに参加。



・2006年トリノオリンピックハーフパイプスノーボード競技の一種目)
 日本代表として17歳で初出場するも、実力を発揮することができず予選敗退
 (最終順位23位)に終わった。

・翌年も精力的に国際大会に出場しスノーボード世界選手権で日本人初メダルとなる
 銀メダル、
 アジア冬季競技大会男子ハーフパイプ優勝など順調に経験を重ねながら、
 スタンダード・フィルム(英語版)等のスノーボードムービーの為の映像を
 撮影し多数出演。


・2014年、前述のドキュメンタリームービーの完成度が評価され、
 Riders Poll(英語版)のオンライン・ビデオ・シリーズ・オブ・ザ・イヤーを
 受賞する。



・2013年5月、國母は2014年ソチオリンピックへの出場を目指さない意向を示し、
 これを受けて全日本スキー連盟は全日本チームの技術アドバイザー(TA)
 への就任を要請した。


・2013年-2014年スノーボード・ワールドカップに技術コーチとして帯同した。
 続くソチ五輪にも日本代表の技術コーチとして渡露、平野の銀メダル獲得と
 平岡の銅メダル獲得に貢献した。



国母和宏バンクーバーオリンピックでの服装問題は?


f:id:oyakudachi395:20191106143919p:plain

2010年2月9日、國母はスノーボードハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かう際、
日本選手団公式ユニフォームを崩し、腰パン、緩めたネクタイ、またブレザーの前を開け放しシャツの裾も出し、さらにはドレッドヘアに鼻ピアス、サングラスというスタイルで成田空港に現れ、

「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。

最近のスノーボードはすげぇダセえから」と持論を展開し、そのままバンクーバーに向けて出国した。

この様子を見た人々から日本オリンピック委員会JOC)と全日本スキー連盟(SAJ)に対し抗議が殺到した。

日本選手団公式服装着用規定違反でもあり、JOCは日本代表選手団の橋本聖子団長を通じ
スノーボードの萩原文和監督に厳重注意し、國母は選手村の入村式を欠席させられた。

國母は翌10日、ハーフパイプ陣の記者会見にて、

「気持ちは何も変わっていないです。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものではないので」
「自分の滑りをすることしか考えていません」

と意気込みを語り、服装の乱れについても「反省してまーす」と発言した。

しかし國母はこの際に舌打ちしつつ「チッ、うっせーよ」と言葉を発した。

國母の騒動を受け、國母の所属する東海大学の相原博之監督が急遽謝罪のために現地に向かった。

また、東海大学は札幌キャンパスでの國母の応援会を中止すると発表した。

SAJから國母のオリンピック競技への参加を辞退させる意向が伝えられたものの、橋本団長の
判断で開会式は辞退するが「競技をしないで帰国することは逆に無責任になる」として競技に参加できることになった。

この問題は日本国外の報道機関も報道した。

2月15日公式練習後の試合会場での即席会見で國母はマウスピースを入れたまま答えたため、一部マスコミマナーが欠けるとした
このような騒動に、有識者の間でも賛否両論があったのです。


こ騒動後の国保選手は、

2010年2月21日、日本代表チームが帰国した際の國母の公式スーツの着こなしはシャツ出し、腰パン姿ではなかった。

國母は

「最後まで応援してくれた人に感謝してます」
「自分のスタイルを変えずに、そのままいきたい」
スノーボード界の流れはこれで確実にいい方にいくと思う」

と述べたんです。

國母により競技への関心が集まった事で、「メジャーといえないスノーボード界全体にスポットライトが当たった」ことや、「プロ選手の待遇改善の起爆剤になるのでは」として、

國母を擁護する者もいるのです。

3月24日、國母が発端となった服装の乱れの再発防止として、全日本スキー連盟は代表の行動規範を制定する原案を提出した。

(出典:ウイキペディア)

国母和宏の家族は?

f:id:oyakudachi395:20191106144139p:plain

國母和宏さんは2009年、21歳の時に高校時代から交際していた3歳年上の女性・智恵さんとご結婚されています。

まさかの大バッシングを受けることになってしまった國母和宏さん。

そこでも信念を曲げなかったのは、支えてくれる奥さんの存在があったからかもしれません。

2017年7月の時点で子供は2人、長男で3歳の一之介(いちのすけ)くん、長女で2歳の六花(ろっか)ちゃんがいます。

f:id:oyakudachi395:20191106144120p:plain

國母和宏さんの右腕には、なんと子供たちの生まれた時の足形がタトゥーとして彫られているんですよ!

子供の名前をタトゥーにするというのはよく聞きますが、まさか足形を彫るのは國母和宏さんくらいではないでしょうか…。

国母和宏大麻所持は?

厚生労働省麻薬取締部大麻取締法違反の疑いで、元五輪スノーボード男子代表の国母和宏容疑者(31)を逮捕したことが6日、捜査関係者への取材で分かった
国母和宏容疑者は去年、アメリカから国際郵便で大麻を送り日本に密輸した疑いがもたれていて、11月6日午前、東京・千代田区厚労省麻薬取締部に出頭し、逮捕されたのです。

国母容疑者は、バンクーバーオリンピックに出場した際、公式服の着こなしや会見での受け答えで厳しい批判を受けたが、その後、USオープンで日本人で初めて優勝し、

現在は、雪山を滑り降りる様子を映像化し配信するプロスノーボーダーとして活動していたのです。


まとめ

いかがでしたか?

結婚し、2人のお子さんを設けた普通の選手のように見えますが、国母和宏容疑者の場合は少々普通じゃないのです。

そのすべてが「バンクーバーオリンピックでの服装問題」が語っていたのです。

何にもこだわらず“我が道を行く”その延長に「大麻所持」があったのですね!

早く捕まってよかったのかもしれません!

片江、お子さん、同僚への影響が最小でsることを願っております。







関連記事は以下にもあります。



⇒菅野智之(巨人・投手)が野崎朋香と熱愛発覚!Wiki経歴と馴れ初めに迫った!の記事はコチラ

⇒佐々木朗希(大船渡高校投手)がロッテに決めた!Wiki経歴と心境に迫る!の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。