マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

パパ活サイト 相場がえぐい!17歳少女が40代教師に求婚された?顛末がヤバイ!

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191111173614p:plain




若い女性と中年男性が知り合う「パパ活」が、いま一層の広がりを見せているのです。

親のような年齢の男性と食事をするだけで2万円。その後、カラオケに行くなら追加で1万円――そんな行為が、未成年の少女の間でもバイト感覚で行われているのだ。

2016年頃から普及し始めたという「パパ活」は、「金銭的に余裕のある男性が、夢を持つ女性を応援する」というのが建前なのです。

援助交際とは違い、肉体関係は必須ではないというが、40~50代の“パパ”に対して“娘”の年齢が未成年であることも珍しくなく、児童買春や強制わいせつなどの性被害に繋がる危険性が指摘されている。

ここでは、40代の小学校教師に求婚された17歳少女の告白について迫ってみました!



パパ活」とは?


f:id:oyakudachi395:20191111173637p:plain


パパ活(ぱぱかつ)とは、


基本的に若い女性がキャバクラの同伴やアフターのように食事やお茶を共にするなど自らの若い肉体と妖艶な時間を提供する対価として、自らに金銭を与えてくれるなど経済的に援助する裕福な男性(パパ,英:sugar dady)を探して行われている活動ですう。

援助交際とは男性層の金銭的余裕の差や活動自体に肉体関係必須ではない点が異なる。

同伴代で稼ぐことが一般的であるが、同伴代と別途の金額の大きさ次第で売春に応じる女性もいる。(出典:ウイキペディア)


若い女性と中年男性が知り合う「パパ活」が、いま一層の広がりを見せているのです。


親のような年齢の男性と食事をするだけで2万円。その後、カラオケに行くなら追加で1万円――そんな行為が、未成年の少女の間でもバイト感覚で行われているのだ


2016年頃から普及し始めたという「パパ活」は、「金銭的に余裕のある男性が、夢を持つ女性を応援する」というのが建前。


援助交際とは違い、肉体関係は必須ではないというが、40~50代の“パパ”に対して“娘”の年齢が未成年であることも珍しくなく、児童買春や強制わいせつなどの性被害に繋がる危険性が指摘されている。



パパ活」の相場と体の関係“あり”“なし”の大違いは?

f:id:oyakudachi395:20191111173753p:plain



パパ活」の相場は“ピンキリ”ですが目安は以下です。


♥ちょっぴり稼ぎたいタイプ:月1~3万円

♥しっかり稼ぎたいタイプ:月3~10万円

♥がっつり稼ぎたいタイプ:月10万円以上


「都度パパ(単発パパ)」「定期パパ(月儀間パパ)」などがありそれぞれ長短があり、

ここらある藻は吟味が必要でしょう!

「体あり」では相場が、3~5万円と高くなります。こうなると「援助交際」に該当するようになります。

くれぐれも、大切な自分の体ですので安易に“安売り”しないことが肝心です!



40代の小学校教師に求婚された17歳少女の告白とは?


f:id:oyakudachi395:20191111173949p:plain


17歳の少女は、中学卒業まもない15歳のときから「パパ活」で小遣いを稼いできたという。

友人たちも未成年ばかりで身分証が借りられず、“ある手”を使ったという。

パパ活をしていた女子から男性の連絡先を聞いて、直接“パパのおさがり”をもらっていました。

あの頃は、六本木も恵比寿もよく知らなかったから、とりあえず男性に『新宿集合』と伝えて、ルミネのレストラン街で食事とかが多かったですね。

当時は食事とカラオケで計1.5(万円)。食事代だけ払ってもらって終わる日もありました。今考えたら安すぎました」

 それから2年。会った“パパ”は13人ほどだという。現在も定期的に会っているのは4人。

現在、少女が会っている“パパ”は、IT企業などに勤務するサラリーマンが3人と小学校教師が1人。自称40代の小学校教師からは、“ガチ恋”(本気の恋愛)をされたという

「ある日突然、婚約指輪を差し出されました。パパ活なんてもうやめて、僕と結婚しよう』って。驚きよりも気持ち悪さが勝ってしまい、丁重にお断りして、お金だけもらってすぐに帰りました。でも、その後も何度も会ってますよ。お金が欲しいから。

ガチ恋”の人には『そんなことするならもう会わないよ』って言うんです。

そうすると、どんな要求も取り下げてくれる。その小学校教師も結婚をあんなに迫ってきてたのに、会わないことを匂わせたらすぐに『ごめんなさい』って(笑)。

私のためにお仕事を頑張って、食事に連れて行ってくれたり、プレゼントを買ってくれたりする。普段は使わない顔文字もたくさん使って、“太パパ”として大事にキープしています。

でも、いつまでもこの生活を続けるつもりはないです。

就職も結婚もしたいし、あくまでパパ活は楽にお小遣いを稼ぐため。

おじさんとLINEするのは面倒だけど、高校生は決められた規則のなかで働かないといけないから、パパ活が一番手っ取り早いんです(笑)」

と、少女はあっけらかんと言ってのけるのだった。

パパ活」の始め方は?


パパ活」を始めるには、いくつかの方法がある。

ひとつは、専用アプリやサイトに登録して“パパ”とマッチするのを待つ方法。
男性から届く「食事に行こう」などのメッセージに女性が乗り気になったら、LINEなどを交換し合って実際に会う仕組みだ。

もう一つの方法は、ツイッターなどのSNSを利用した出会い。

専用アプリなどは、身分証を使って18歳以上であることを証明しなければ登録できない場合が多いことから、未成年はSNSに流れるという。

ただ、専用アプリなどの登録でも“抜け道”はある。

「顔写真付きの身分証じゃないと登録できないんですが、登録は誰の顔でも大丈夫なんです。

そこらへんは監視がゆるいので、今は19歳の友達に身分証を借りて登録しています。

年齢設定は21歳。若く設定すると、まだ金銭感覚のない子供だと判断されて、受け取るお金を低くされてしまう。

ある程度、経験を積んでいる21、22歳くらいだと思われるのがちょうどいいと思います」



まとめ

いかがでしたか?

17歳で「パパ活」とは、純真な心が“歪んで”しまいます。


就職もしたいし、結婚もしたいと思いつつ、目先の“お金”のために起こす行動にしては、

“マイナス面”が多いように思えますよね!

愛知県警では、帽子の留の運動(メール)をしているようですが、効果は限定的のようです。

必ず、事件に結びつくことが心配されます!

一時も早く気付いてほしいと願うばかりです。


関連記事は以下にもあります。



⇒久代萌美アナ(フジテレビ)に熱愛発覚!相手(人気ユーチューバー)は誰で馴れ初めは?の記事はコチラ

⇒西野朗監督(サッカー前日本監督)の不倫発覚!相手は「名古屋の女」誰か?家族も?の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。