マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

川口春奈が沢尻エリカの代役・「濃姫」役に抜擢!初時代劇に不安の声とは?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191123112609p:plain



来年1月から放送予定のNHK大河ドラマ麒麟がくる」に織田信長の正妻となる帰蝶濃姫)役として出演予定だった沢尻エリカ容疑者(33)が麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、NHKは21日、代役に川口春奈の起用を発表した。


f:id:oyakudachi395:20191123112658p:plain



沢尻容疑者の代役を巡っては人選が難航しておりました。


人気&実力派女優はすでにスケジュールが埋まっているためで、さまざまな女優の名前が浮上したが結果は川口だったのです。


NHK側は起用理由について

「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただける」

とコメントしているが、川口は今回が初の大河出演にして初時代劇出演となることに不安の声があるのです。

ここでは、川口春奈さんのWiki経歴と初時代劇の不安に迫ってみました。







川口春奈さんのWiki経歴は?


f:id:oyakudachi395:20191123112722p:plain



◆ 名前:川口春奈(かわぐちはるな)

◆ 愛称:ハルル

◆ 生年月日:1995年2月10日(24歳)

◆ 出身地:長崎県五島市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:166㎝

◆ 学歴:堀越高校

◆ 職業:女優、ファッションモデル

◆ ジャンル:テレビドラマ、映画、CM

◆ 活動期間:2007年~

◆ 趣味:「海釣り」であると自ら語っており、最高で300匹釣り上げた経験もあるという

◆ 事務所:研音

川口春奈さんの経歴

長崎県五島列島福江島生まれ。

東京への直行便がなく、上京する前は博多まで船で9時間かけて行き来していたと語っている。

・三姉妹の末っ子です。


・2007年、第11回『ニコラ』のオーディションにおいてグランプリを獲得[2]。研音の子供部門「けんおん。」に所属した後、同年9月1日発売のニコラ2007年10月号でデビュー。


・2008年10月4日から翌年3月28日まで、子供向けバラエティ番組『ファイテンション☆テレビ』のガールズコーナーにレギュラー出演。これが最初に出演したテレビ番組である。


・2009年春、三井のリハウス第13代リハウスガールに選ばれた。


・2011年、ニコラを卒業し、「今後は俳優業に専念する」と宣言した


・2011年11月、第90回全国高校サッカー選手権大会の7代目応援マネージャー(イメージガール)に就任


・2013年、ドラマ化もされた「リアル脱出ゲーム」の映画版、『マダム・マーマレードの異常な謎』に主演。



川口春奈さんの初時代劇への不安とは?

NHK大河ドラマ麒麟がくる』において、帰蝶濃姫)役で出演していた.


沢尻エリカが放送開始前の2019年11月16日に麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、沢尻は降板、川口を代役として起用して撮り直しが行われることになったのです。


川口は時代劇初挑戦で、大河ドラマ初出演となるのです。

川口春奈さんの初主演は高校1年生の時のBSドラマ「初恋クロニクル」でした。


高校2年の時は「桜蘭高校ホスト部」の連続ドラマ初主演でした。


高校3年生の時は「POV~呪われたフィルム」の主演でした。

このように高校時代は、すでに売れっ子女優だったのです。


時代劇出演は過去に、映画「幕末高校生」というSF時代劇ですが、いわゆる「時代劇」ではないのです。


乗馬については、フォトブックに乗馬姿が収められており乗馬の経験はあるようです。


そして「美人」であることが力になっております。


かすかにではありますが「少々の経験?」といえるのでしょうか?


問題は「演技力」ですがこちらはどうなのでしょうか?




川口春奈さんの演技力は?


先述したように、川口春奈さんは今までに時代劇経験はないようです。

それを埋めるだけの演技力を買われて、大抜擢になったと思われますが・・・

前述のように、高校時代から多くの主役を演じてきております。

可愛いことももちろん話題になっていましたが、演技力がなければこんなに多くの主演はできないのではないでしょうか。

川口さんは2019年現在24歳・・24歳!?かなり若いですね!!!

こんなに若いのに落ち着いた演技、またシリアスな演技もされるので、
かなりの演技は女優であるといってもいいと思います!!

この大河ドラマ麒麟がくる」の時代は、かなりの頻度で映像化されているため、演じている女優が多いです。


菊池桃子:(1992年の『信長 KING OF ZIPANGU』)

かたせ梨乃:(天下を獲った男 豊臣秀吉(1993年))

中谷美紀:(1998年・織田信長 天下を取ったバカ)

観月ありさ:(2012年・『濃姫』)

小雪:(2019ねん・『女信長』)

内田有紀(2014年の大河ドラマ軍師官兵衛』)

・・・そのと多数、そうそうたる面々です。

ほぼ毎年のようにこの時代の物語は演じられているため、その時代の重要人物である「濃姫」を演じた女優さんはかなりの数いました。
どの方も、かなり美人です。

この面々と比べると、川口春奈さんはかなりかわいい感じの帰蝶になりそうですね!!


まとめ

いかがでしたか?

川口さんは既にメジャーな存在だが、今回の濃姫役は、さらに“演技派”という評価を得て、中高年層にも名前を知ってもらうチャンスになるだろう。

しかも、川口はかつて主演ドラマ「夫のカノジョ」で平均視聴率3・8%を記録しており、テレビ局側も視聴率低迷による打ち切りを認めてしまい、「低視聴率女王」というありがたくない称号を与えられたこともあるんです。

CMで見せる健康的な優等生イメージから抜け出せずに女優としては足踏み状態だった。

しかしながら、「今回は降って湧いた大チャンスです」

川口は先日、写真誌「フラッシュ」に格闘家の矢地祐介選手とのお泊まり熱愛をスクープされたばかりだが、汚名返上どころか起死回生の大チャンス到来と言われております。

大いに期待しましょう!



関連記事は以下にもあります。



⇒沢尻エリカ(女優)が合成麻薬(MDMA)所持していたとして逮捕!NHK受難がヤバイ!の記事はコチラ

⇒沢尻エリカの『友達芸能人リスト』がヤバイ!「沢尻会」から次の薬物疑惑逮捕者が出るか?の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。