マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

ク・ハラ「元KARA」は自殺でなく「指殺人」だった?「韓国芸能界の闇」に迫った!

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191127202131p:plain



韓国の女性グループ「KARA」の元メンバーのク・ハラさん(28)が亡くなった問題が話題を呼んでおります。

ク・ハラさんが“自殺”と言われておりますが、実は「指殺人」だったのです。

韓国では、「韓国芸能界の闇」として社会問題化しており、SNSの重要度が高く、芸能人は積極的に活用しております。

ただし、批判対象になると

「匿名の圧倒的多数の書き込みに対して、一人では勝てない」

と言われており、韓国芸能人が自殺するケースが増加し、死に追い込むケースがあることから

“指殺人”

と呼ばれ社会問題化しているのです。

ここでは、ク・ハラさんの「指殺人」の実態と「韓国闇社会」に実態について報告します。



「韓国闇社会」の実態は?


f:id:oyakudachi395:20191127202231p:plain


韓国の芸能界の闇社会を表す項目を箇条書きに示します。

🔸 インキュベーション(=卵を抱く)システムで追い込む。

・素質ある若者を早期発見し囲い込んでいく。
・長期のトレーニングと教育システムがある。

――7時:気象→ジムで筋トレ→10時~レッスン→午前0時過ぎ:宿舎に戻る。

・1年間で休日はお盆と旧正月の4日のみ?

・現地報道では、事務所の育成費用は、350~400万円/1人

「デビューして成功するのは、一握りで事務所にとってはギャンブルなのです。」

USAの場合は、1人で動くが韓国はすべて「事務所」が大金をかけて育成する


🔸 “奴隷契約”・・某アイドルグループが告発したが、

・収入からプロモーション費を差し引いた残りを「事務所が6でアイドルが4の割合」となっており、13年契約を結ばされた。

この事件から現在では、7年契約となっている。

・ろくに食べることもできず、寝ることもできない状況でも、健康で明るい笑顔を見せる。
・セクシーでも恋愛はしない。
・男らしくケンカはしない。
   
存在になることを望まれているのです。

「事務所や家族の期待から受けるプレッシャーも大きく、精神的に追い詰められていく。」
     (韓国芸能コメンテーター:ヒョンギ談)



🔸 “兵役逃れブローカー”が「暗躍している。

・病院での尿検査・・タンパク質成分の薬品を血液に混入させ、「心臓疾患を偽装」
・検査3時間前から粉末コーヒーを溶いた水を大量に飲ませ、「肝機能障害を偽装」

背景には、」“芸能人を軍にとられたくない!”“軍隊生活を回避したい”思いがあるのです。

芸能人には兵役義務の特例を与えないとする現行制度の維持が、11月21日に決定された。
人気歌手のBTSが入隊したのです。




ク・ハラさんへの「指殺人」の実態は?


🔸 韓流アイドルが抱えてしまう精神的問題は?(2010年のアメリカに本部がある中国系新聞)

・260人の韓流芸能人で、「軽度、深刻なうつ病」にかかっているのは40%でそのうち40%超(全体で16%)が自殺する傾向がある。

・“指殺人”とも言われているインターネット上の悪質コメントも芸能人を追い詰める大きな要因とされたのです。




🔸 韓国ではSNSの重要度が高く、芸能人は積極的に活用している。ただし、批判対象になると「匿名の圧倒的多数の書き込みに対して、一人では勝てない」。

韓国芸能人が自殺したケースは、ネットでの誹謗中傷がからんでおり、死に追い込むケースがあることから“指殺人”と呼ばれ社会問題化しているという。


🔸 韓国芸能界では親日反日と色分けされることがあり、韓国での芸能活動が困難になったハラさんが日本で再始動したことで「親日派」と批判対象になった。


🔸 追い打ちをかけたのが、親友だった人気アイドルグループ「f(x)」元メンバーのソルリさん(享年25)が自殺。

交際をオープンにし、ノーブラ運動としてSNSに“ポッチ”写真を掲載するなど、奔放な 言動を取ったことで攻撃を受けていたことから“指殺人”の疑いがあるという。


🔸 亡くなったク・ハラさんに対しては、交際相手への暴行と交際相手からの
「リベンジポルノ」脅迫を受けて、

・「ケンカしようがしまいが関心がない映像が見たい、手を挙げて」
・「なぜ脅迫するのか腹立ちまぎれに(動画を)流出しろ」

先月、日本での活動を報じるインターネット記事のコメント欄には、

・「気に食わない」
・「ETっぽくない?」

活動中の女性アイドルグループのインターネットリブ配信では、

・「●●死んでしまえ」
・「脱退しろ」
・「ブサイク」

等ダイレクトに誹謗中傷するのです。


🔸韓国首都のソウルはそれほど大きくもなく、こうして“叩かれる”とソウルの人が皆“敵”に見えてしまうようです。

また“国民性”もあり、“人のことを気にしすぎる”こともあるようm¥に思われます。


🔸さらに問題なのが“フェイクニュース”なのです。実際とは違うのにドンドンだし、そこでイメージが作られてしまったりするのです。 


韓国社会の法制定の動きは?

]

f:id:oyakudachi395:20191127202306p:plain


🔸 「インターネット実名制」復活の声があるのです。

・2007年に「実名制」が制定・施工さr多のですが、2012年最高裁判決で「廃止」となった
・ソリルさんがSNSの悪質コメントを苦に自殺し「実名制の復活」に賛成がやく70%にも達したのです。
・しかし、違憲判決が出ているので実現は不可能のようです。

 そんなに効果はなかったようです。

🔸 “ソリル法”制定の動きが?

・現在IDの一部のみが公開ですが、」ID全体とインターネットアドレスなどを公開する⇒コメントによる責任と処罰を強化する案などが議論されているようです。
(「情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律」改正案)


🔸 芸能界にも変化の兆しが?(公正取引委員会

・2011年:身体的・精神的な健康と学習権・休息権を保守しなくてはならない。
・2014年:芸能人が健康に異常をきたしたら、」事務所に活動中断を申請できる。
      事務所は、芸能人の身体的・精神的」な状況を必ず考慮。

能登力馬があり、強制力はないが一部事務所で審理担当窓口を設けるなど改善の動きがあるのです。

韓国では競争が激化しており芸能人はますますプレッシャーを感じるのです。


自殺した韓国芸能人は?

2018年の韓国の自殺率はOECD加盟国30ヵ国でトップである。

ただし、高齢者の自殺が多く、日本と比べて若者の自殺率が異常に高いわけではない。

したがって、韓国芸能人の自殺が相次ぐ背景には、韓国固有の事情があると考えるべきだろう。

それが前述の「韓国芸能界の闇」なのです。

ク・ハラさんのプロフィールと「韓国芸能界の闇」に関しては、以下のサイトを参照ください。

https://oyakudachi395.hujiwara.com/entry/2019/11/26/112033

いかにかんこくげいのうじんの“自殺”の実績です。


f:id:oyakudachi395:20191128091231p:plain


まとめ

いかがでしたか?

確かに韓国芸能人は、厳しい訓練のため、完成された方々が多いのです。

韓国の実情から、外国に打って出なければならず、また、国民の攻撃に会うと

精神的に参ってしまい、精神的に制御不可能となり、自殺へと進んでしまうようです。

少しづつ改善の方向に進んでいるようですが、国民全体が速くその“欠点“に気付き

自殺まで追いやらないような社会になってほしいものです。




関連記事は以下にもあります。



⇒ク・ハラ(元KARA)自殺の原因は元彼氏の「脅迫」だが、「韓国芸能界の闇」がヤバイ?の記事はコチラ

⇒イモト「イッテQ婚」のお相手は“戦友“石崎D!どんな人か?「逆プロポーズ」とは?の記事はコチラ


最後までお読みいただきありがとうございます。