マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

ク・ハラ(元KARA)の悲報が社会問題(女性)になった?「服を脱げ」の意味がヤバイ!

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191202100452p:plain

11月29日の韓国・ソウル市。瑞草区のソウル中央地方裁判所前にコートを着込んだ若い女性ら十数人が集まり、「オ・ドクシク判事は服を脱げ」と書かれた紫色の横断幕を掲げた。

オ判事は、ク・ハラの元恋人で美容師のチェ・ジョンボム被告の裁判を担当した人物なのです。

「服を脱げ」とは「法服を脱げ」、つまり判事の職を辞せよという意味なのです。

韓国社会では、こんなデモが発生し、ク・ハラさんの自殺が社会問題に発展したのです。

ここでは、「服を脱げ」の意味とク・ハラの悲報が社旗問題になった訳に迫ってみました。

ク・ハラさんのプロフは以下のサイトを参照ください。


oyakudachi395.hujiwara.com


「オ・ドクシク判事は服を脱げ」の意味は?

オ・ドクシク判事は、ク・ハラの元恋人で美容師のチェ・ジョンボム被告の裁判を担当した人物なのです。

チェ被告はク・ハラとのトラブルを巡り、今年1月に傷害、強要、脅迫、器物損壊、そして「性暴力処罰法違反」容疑で在宅起訴された。

性暴力処罰法違反容疑とは「性的欲求や羞恥心を誘発し得る身体部分を強制的に撮影」、つまりク・ハラ本人の意思に反して性的な動画を撮影した、という疑いだ。

チェ被告は昨年8月にク・ハラと旅行した際、その後ろ姿などを撮影。翌9月にク・ハラの交友関係を巡って激しい喧嘩になった際、この動画で「芸能人生を終わらせてやる」と脅迫したとされる。

この事件は芸能メディアだけでなく、女性団体からも大きな関心が寄せられた。昨年10月にソウルで行われた盗撮被害に絡む大規模な集会でも、ク・ハラの「リベンジポルノ問題」として争点化されている。

これに対してオ判事は今年8月、性暴力処罰法違反の疑いについて無罪の判決を下す。ク・ハラがチェ被告の撮影を知りながら制止しなかったこと、2人が性的な関係にあったことなどから、「意思に反して撮影されたわけではない」と判断したのが主な理由だ。また傷害、強要、脅迫、器物損壊については有罪としたが、懲役1年執行猶予3年という軽い量刑にとどめたのでした。


だが今回その被害者が自ら命を絶ったことで、判決が軽すぎるとの批判が改めて噴出しているのです。

「服を脱げ」とは「法服を脱げ」

つまり判事の職を辞せよという意味だ。

参加者は「司法機関が女性の安全を脅かしている」などのシュプレヒコールを上げ、若い女性アイドルの死に対する司法の責任を厳しく問い質したのです。

セカンドレイプ」と判事は非難された?

f:id:oyakudachi395:20191202100722p:plain


オ判事は裁判の過程で、「見ないでほしい」というク・ハラ側の要望にもかかわらず問題の動画を自ら視聴したという。

こうした対応も、被害者=女性に対するセカンドレイプだとの激しい非難を招いている。

女性作家のコン・ジヨンSNSでオ判事の行動を「地獄のような暴力」「処罰されるべき」と非難し、メディアの注目を集めた。

ネットの皆さんは?


🔸 十数人が集まり、「オ・ドクシク判事は服を脱げ」と書かれた紫色の横断幕を掲げた。 女性たちはク・ハラの自殺を巡り、韓国の司法に抗議しにやってきた女性団体などのメンバー。「服を脱げ」とは「法服を脱げ」、つまり判事の職を辞せよという意味だ。


🔸 韓国の男尊女卑は、今更ながら、何とかならないものかと思う。 「服を脱げ」元KARAク・ハラの悲報が女性団体の街頭デモに発展 吊し上げられる裁判官と元恋人!


🔸 ク・ハラさんがSNSの誹謗中傷で自殺をしたという。本当かはわからない。もし、そうだとしたら、社会問題だと思う。心無い言葉を浴びさせたネットの人は何事もないかのように、標的を変えてネットでまた心無い言葉を浴びせているんだろうな〜。そんな彼らに伝えたいことが日本のドラマに存在している。


🔸 これは本当に深刻な社会問題だ。 ク・ハラさんの死には加害者本人以外にも、その事件から彼女の悪夢を楽しんで消費しようとした沢山の男性、理解のない女性など様々な人が関わっている。 集団による精神的殺人だ。


🔸 リベンジポルノを含むデジタル性暴力、韓国では大きな社会問題になっていて、ドキュメンタリーのみならず劇映画の題材にもなっているが、ク・ハラの自殺未遂もそのあたりの悩みが大きな原因になっているのなら、彼女がかわいそうだ。 このごろデジタルタトゥーとか言ってるけど、完全削除不能で、誰か



まとめ

いかがでしたか?

芸能スキャンダルにとどまらず、女性問題としても波紋を投げかけるク・ハラの悲劇です。28歳の死が残した影響は、韓国社会をどう変えていくのだろうか?

今後の動きから、目を離せませんね!



関連記事は以下にもあります。



⇒ク・ハラ(元KARA)自殺の原因は元彼氏の「脅迫」だが、
「韓国芸能界の闇」がヤバイ?の記事はコチラ

⇒ク・ハラ「元KARA」は自殺でなく「指殺人」だった?「韓国芸能界の闇」に迫った!の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。