マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

和泉洋人首相補佐官のWiki経歴は?公費で「京都不倫出張」がヤバイ?  

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191212102207p:plain


安倍政権で官邸主導を牽引する和泉洋人首相補佐官と、不倫関係にある厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・医療戦略室次長)の大坪寛子氏が、京都に出張した際、ハイヤーを借りて私的な観光を楽しんでいたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

交通費は公費から支出されているだけに、「公私混同」との批判も出そうだ。

一体どういうことなのでしょうか?

ここでは、和泉洋人補佐官と大坪寛子審議官のWiki経歴と「京都不倫出張」の実態に迫ってみました。



和泉洋人氏のwiki風プロフ


f:id:oyakudachi395:20191212102403p:plain

◆ 名前:和泉洋人(いずみひろと)

◆ 生年月日:1953年5月18日(66歳)

◆ 出身地:神奈川県横浜市

◆ 学歴:東京大学工学部卒業

◆ 職業:内閣総理大臣補佐官(国土強靱化及び復興等の社会資本整備、
地方創生、健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術
イノベーション政策担当)

◆ 家族:不明


和泉洋人氏の経歴

・1976年3月 東京大学工学部都市工学科卒業。 4月 建設省入省


・1986年 高崎市役所都市計画部長


・2001年1月 国土交通省住宅局住宅総合整備課長。 4月 博士(工学)取得(東京大学)[


・2002年4月 慶應義塾大学理工学部特別研究教授。


・2012年9月11日 内閣審議官兼地域活性化統合事務局長を辞職し、国土交通省を退官。 10月1日 内閣官房参与(国家戦略担当)


・2013年1月21日 第2次安倍内閣内閣総理大臣補佐官(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化担当


国土交通省出身の和泉氏は、安倍政権発足当初から首相補佐官を務め、長期政権で強まる「官邸主導」を牽引する「官邸官僚」の中心人物として知られる。


・中でも菅義偉官房長官の信頼は厚く、沖縄の米軍基地移設問題や新国立競技場建設、米軍機訓練候補地である鹿児島県馬毛島の買収など、安倍政権が注力する重要課題の対応にあたってきた。


加計学園獣医学部新設問題では、「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と前川喜平文部科学省事務次官(当時)に発言したとされる問題(和泉氏は発言を否定)を巡り、国会に招致されたこともある。



大坪寛子氏のwiki風プロフ


f:id:oyakudachi395:20191212102443p:plain


◆ 名前:大坪寛子氏(おおつぼひろこ)

◆ 生年月日:1966年?月?日(52歳)

◆ 学歴:東京慈恵会医科大学卒業

◆ 職業:厚生労働省 大臣官房審議官、内閣官房 健康・医療戦略室次長

◆ 家族:独身(離婚歴あり)、子供(シングルマザー)

◆ 趣味:旅行、ドライブ、

大坪寛子氏経歴

・1992~2006年:慈恵医大の内科医として勤務。


・2000年:東京慈恵医科大学で医学博士の学位取得。


・2008年~2011年:厚生労働省に医療技官として入省。


・2011年・環境省→2013年・厚生労働省 医政局総務課医療安全推進室


・2015年~現在:内閣官房 健康・医療戦略室の三時間に着任。

  →現在は、内閣官房 健康・医療戦略室次長。


・2019年~現在:厚生労働省 大臣官房審議官。


和泉洋人下は、現在まで上司部下の関係が続いております。


・大坪氏は、慈恵医大時代に結婚し、2008年に離婚しております。
 お子さんがおり、シングルマザーです。



「京都不倫出張」の実態は?

8月9日に、二人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張したのです。

午前中に山中氏との面会をすませると、ハイヤーに乗り、観光客で賑わう河原町へ移動。

老舗の甘味処でかき氷を注文すると、和泉氏は自分のスプーンで大坪氏に食べさせるなど、親密な様子を見せた。

その後、ハイヤーで40分ほどかけて京都市北部の山奥にある貴船神社へも立ち寄った。

古くから「恋愛成就を祈る社」として知られる同神社でも、大坪氏が和泉氏にお賽銭を渡したり、腕をからめて参道を歩くなど、終始仲睦まじい様子だった。

f:id:oyakudachi395:20191212102514p:plain


f:id:oyakudachi395:20191212102531p:plain


f:id:oyakudachi395:20191212102544p:plain


 ただ、「週刊文春」では、この日以外にも、和泉氏がハイヤーで仕事帰りに大坪氏を自宅まで送り届けたり、都内で手つなぎデートやエスカレーターでハグする様子など、上司と部下を超えた関係であることを複数回確認している。

内閣官房の健康・医療戦略室のナンバー2である大坪氏は、山中教授が中心になって進めているiPS細胞の備蓄事業について、国費投入の削減を突如打ち出し、「日本の医療戦略を混乱させている」(厚労省関係者)との批判があがっている。

官邸・霞が関に大きな影響力を持ち、健康・医療戦略室の室長である和泉補佐官が、部下の大坪氏との不倫関係によって、公平であるべき行政を歪め、「私物化」していないのか、
今後、説明が求められそうだ。


まとめ

いかがでしたか?

和泉洋人氏の家族の情報が得られなかったのは残念ですが、この年齢では、
当然、夫人やお子さんがおられると思います。

それも、十分成人しており、今回のニュースをどのような思いで見ていることでしょうか?

今後、公の場でどのように説明するのか注目していきましょう!





関連記事は以下にもあります。


⇒那須川天心の二股浮気発覚!相手は葉加瀬マイ?朝倉カンナとは破局か?の記事はコチラ

⇒着ぐるみ熱中症死 書類送検はなぜ?死亡原因がヤバイ?事故でなく人災か検証!の記事はコチラ


最後までお読みいただきありがとうございます。