マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

ぺこぱ芸人の素顔は?M-1が3位だったがプロフがスゴイ!「もう時は戻さない」がヤバイ!

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191223170402p:plain

 12月22日にABC・テレビ朝日系で放送された漫才コンテスト「M-1グランプリ2019」の決勝戦の平均視聴率が17.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

最終決戦で、ミルクボーイは「最中」のネタを披露。審査員7人中6人がミルクボーイに投票し、2019年の『M-1グランプリ』はミルクボーイが優勝を収めた。

勝戦の最後に登場したぺこぱは、サンミュージックプロダクション所属です。

決勝では、予測不可能なボケとツッコミのやりとりがつづく「タクシー運転手」のネタを披露。

松本審査員に「ノリツッコまない。新しい形」と言わしめた「ペコパ」の評判が急上昇しております。


ここでは「ペコパ」のメンバーの紹介とエピソードに迫ってみました。




「ぺこぱ」とは?


f:id:oyakudachi395:20191223170449p:plain

◆ 名前:ぺこぱ 

◆ メンバー:松陰寺太勇、シュウペイ

◆ 結成年:2008年

◆ 事務所:ナイスデイ→オスカープロモーションサンミュージックプロダクション

◆ 活動時期:2008年4月30日

◆ 出会い:アルバ一先

◆ 現在の活動状況:ライブ、テレビ 等

◆ 芸種:漫才、コント

◆ ネタ製作者:松陰寺太勇


ぺこぱの経歴

ピン芸人「松井祭」だった松陰寺と、シュウペイによって2008年4月に結成、同年4月30日から「先輩×後輩」(せんぱいこうはい)のコンビ名で活動を開始


・松陰寺がシュウペイに将来何がやりたいか聞いたところ「伝説を作りたい」と言われたのを気に入り、誘ったが最初シュウペイは、松陰寺のピン芸人としてのライブを観てあまり面白くなく思ったこともあって断り続けていたが、松陰寺が約半年間誘い続けた後、試しで結成、そして今日に至っている。


・2013年9月にコンビ名を「ぺこぱ」に改名。


・2018年、現在の芸風の原型を完成させてM-1グランプリ準々決勝進出。2019年1月のおもしろ荘にて優勝を果たす。


・2019年、結成11年目にして、M-1グランプリ 決勝進出を決めた[20]。
M-1グランプリ 2019決勝では「ツッコミ方改革」のキャッチフレーズで最終組として登場。優勝候補の一角である和牛を退け決戦に進出。松本人志をして
「ノリ突っ込まないボケという新しいジャンルを切り開いた」
と言わしめる。
決戦では惜しくもミルクボーイに軍配が上がるも、各審査員がここ数年で最もレベルが高い戦いだったと認めた。


・ぺこぱという芸名の由来は何なのか想像しにくい感じですが、ぺこぱの由来は韓国語の「ペコパ」から来ているそうです。


・韓国語で「ペコパ」はお腹が空いたという意味で、事務所の先輩がぺこぱと名付けていますが意味はわからなかったようです(笑)


・ぺこぱの前は「先輩×後輩」という芸名だったことを考えると、絶対にぺこぱの方が売れるような気がします(笑)





松陰寺太勇さんのWiki経歴


f:id:oyakudachi395:20191223170515p:plain

◆ 名前:松陰寺太勇(しょういんじたいゆう)

◆ 本名:松井勇太(まついゆうた)

◆ 生年月日:1983年11月9日(歳)

◆ 出身地:山口県光市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:170㎝

◆ 学歴:高校卒業後は大阪のレコーディング専門学校、キャットミュージックカレッジ専門学校(サウンドエンジニア専攻)に進学して2年間在籍

◆ 職業:お笑い芸人(ツッコミ担当)

◆ ネタ作成者:ネタのほとんども作成している

◆ 活動期間:2008年~

◆ 趣味:野球観戦(プロ野球千葉ロッテマリーンズのファン[3])、ニュース、日本史(特に幕末)、作曲

◆ 特技:曲作り

◆ 事務所:サンミュージックプロダクション

松陰寺太勇さんの経歴

・高校卒業後はプロのミュージシャンを目指して上京。かつてはバンドマンだった。

松陰神社を、自分の聖地と言っている。


・コンビ結成前はピン芸人「松井祭」として活動していた

・松蔭寺太勇さんといえば着物姿にメイクが印象的ですが、素顔がイケメンだとネット上で話題になっています。

・なぜ松蔭寺太勇さんがビジュアル系メイクになったのかは、簡単に言うと「売れなかったから」の一言に尽きます


・松蔭寺太勇さんいわく何か着飾ってみようと考えた最終形が、現在のビジュアル系メイクに着物姿に落ち着いたようです。
f:id:oyakudachi395:20191223170543p:plain


・芸名の松蔭寺の由来は吉田松陰先生から名付けられていて、山口県出身ということで吉田松陰先生から名前を取っています。


・芸名の松蔭寺の由来は吉田松陰先生から名付けられていて、山口県出身ということで吉田松陰先生から名前を取っています。


シュウペイさんのWiki経歴


f:id:oyakudachi395:20191223170602p:plain

◆ 本名:成田秀平(なりたしゅうへい)

◆ 生年月日:1987年7月16日(歳)

◆ 出身地:神奈川県横浜市出身

◆ 血液型:A型

◆ 身長:180㎝

◆ 学歴:麻布大学附属渕野辺高校卒業。

◆ 職業:お笑い芸人(ボケ担当)

◆ 活動期間:2008年~

◆ 趣味:サッカーなどスポーツ観戦で、FC東京のファン

◆ 特技:パーティに行く・盛り上げる。

◆ 事務所:サンミュージックプロダクション

シュウペイさんの経歴

・兄弟の中で末っ子

・元は、ギャル男だった。

・シュウペイさんのツイッター上にもギャル男時代の写真がアップされていて、ギャル男のお手本のような完璧なギャル男でしたね。

・出身高校は麻布大学附属渕野辺高校の出身でサッカー部に在籍していて、高校卒業後は大学に進学せずギャル男になっています(笑)


ネットの皆さんは?



🔸 ぺこぱ、何度見ても「立派なヘタ」でのハッスル具合と「キャラ芸人になるしかなかった」の哀愁とのコントラストが最高


🔸  M-1面白かった 最近の芸人さんの名前は、息子達に聞いたり観せられたりしてるひとしかしらなくて 出演者のほとんどの名前を知らなくて、正直観ようか迷ってたけど 観てよかった\(๑´ω`๑)/ 娘と私はぺこぱ推し 笑 動きの激しいナスに惚れてしまったわー ぺこぱ応援するぞー


🔸 ぺこぱ、1回目は掴みで散々ふざけて何してんだと思ったらそっちがツッコミなの凄く裏切られたし、2回目はもう少しスムーズにネタに入ってるのやっぱ芸人て頭いいなあと思うわ


🔸  4年前「笑けずり」出演時はまだ無名に近い状態。一緒に切磋琢磨をした周りのコンビが解散や芸人を引退をしていった中、自分たちのスタイルを変えながらも決してブレることなく折れずにやり続けだ結果、M-1グランプリ2019の最終決戦の舞台にまで上り詰めたぺこぱ。もう、M-1ドリームが過ぎるでしょ。


🔸 この人は何 元はミュージシャン?、アーティストにでもなりたかったのかのぉ ぺこぱ ぺこぱよ 韓国では お腹空いたって意味 らしいけど( ͡° ͜ʖ ͡° )


🔸 わし的に優勝は「ぺこぱ」 一切否定しない突っ込みなんて初めて聞いた(@_@) ただボケとしてツッコミの人が言われる「このキャラ芸人がぁっ!」が最高だったw もっとみたいなぁ。売れてほしいなぁ。オードリー以来だなこんなにまたみたいって



まとめ

いかがでしたか?

かなり濃いキャラクターの松陰寺太勇さんですが、経歴を見てもいろいろのことがあり今の芸風にたどり着いたのですね!

松本審査委員が「新しい形の漫才」と言わしめるほどの“面白さ”を表しております。

今までのコンビと明らかに違う点は、ボケが誤っているのかと思いきやツッコミが肯定してあげるというノリツッコまずのボケ肯定で否定や訂正を一切しないという、一見何も生まれなさそうな世界観ではありますが笑いは確実に生まれていたのです。

松本審査員も

「これは、ノリツッコまない。新しいところ持ってきましたね。和牛敗れるっていう、衝撃的なところを見ましたね」

と感慨深げに語ったのが印象的でしたよね!。

今後はテレビにも露出してくることが多くなると思いますが“ご活躍”を祈ります。




関連記事は以下にもあります。



⇒ミルクボーイが「M-1グランプリ」優勝!決勝初出場で史上最高点がヤバイ?の記事はコチラ

⇒松本人志(M-1グランプリ2019)が4年連続“逆神”の意義と思いがヤバイ?の記事はコチラ


最後までお読みいただきありがとうございます。