マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

#りんごちゃん  ブレーク芸人1位!本名、性別、スッピンが気になる?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20191229111917p:plain


ORICON NEWSではこの1年間を振り返る恒例の『2019年ブレイク芸人ランキング』を発表。今年は、ギャップものまねでお茶の間の話題をさらった【りんごちゃん】が首位に輝!。

子供たちからの“喝さい”はとれなかったが、大人の人気は“絶大”なもので、
どこへ行っても、今や“喝さいに嵐”に包まれております。

「2019年のブレイク」で優勝するのもうなずけます。

ここでは、“りんごちゃんの”プロフと「時の人」になった背景に迫ってみました!


りんごちゃんのWiki経歴


f:id:oyakudachi395:20191229111934p:plain


◆ 名前:りんごちゃん(RINGO)
 
◆ 本名:非公開

◆ 別名義:りんご

◆ 性別:不明

◆ 生年月日:1988年6月26日(31歳)

◆ 性別:非公表ですが、男性という事で、れっきとしたニューハーフとなります。

◆ 出身地:青森県十和田市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:165㎝

◆ 学歴:青森県高校卒業。

◆ 職業:ものまねタレント、ショーダンサー

◆ 芸風:物真似、ぶりっ子キャラ

◆ 活動期間:2014年~ 

◆ 趣味特技:歌・カラオケ

◆ 家族:両親、姉、

◆ 事務所:イマーゴプロモーション(業務提携:エイジアプロモーション

りんごちゃんの経歴


・実家は中華料理店。

・子供の頃は、近所の人達などから、おとなしく動物好きの優しい子というイメージを持たれていたという。その子供の頃から物真似をやっていた。


・地元の高校を卒業後18歳で上京、アルバイトやテレビドラマのエキストラをしながら芸能界を目指す。


・エキストラ時代には、『貧乏男子 ボンビーメン』(日本テレビ)などに出演していたことがある


・まねタレントとして活動を始め、「武田鉄矢」「大友康平」「吉幾三」といった物真似を、地声とされる野太い歌声で披露する“ギャップものまね”を得意としており、容貌とのギャップが注目される。


・2014年には『ものまねグランプリ』(日本テレビ)に出演し、井上陽水の『リバーサイドホテル』の物真似を披露したが、この時はその後のブレイクには至らなかった。


・2019年1月に出演した「ウチのガヤがすみません!」がきっかけとなりものまねタレントとしてブレイク。それ以降は企業の発表会などの仕事も殺到するようになる


武田鉄矢の「金八先生」役をするのが夢で、2019年12月の「金スマ」で実現し大喜びだった!


・2019年:Yahoo! JAPAN:「Yahoo!検索大賞2019」お笑い芸人部門賞受賞。


りんごちゃんの生い立ちが壮絶?


可愛らしい姿からは想像できない野太いものまねであちこちの番組に引っ張りだこ状態になっています。

りんごちゃんの生い立ちや経歴についてお調べしたところ、具体的には公表しておりませんでした。

青森の実家の中華料理店は、「中華料理店 順風」というお店で、美味さと速さで定評があるお店の様です。

バラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話2時間スペシャル!』では上京して辛い時期の事を思い出すと号泣してしまうんだそうです。

りんごちゃんの過去の仕事は何をしていたんでしょうか?

現在、テレビの出演依頼も多数殺到しているりんごちゃんですが、過去には銀座のニューハーフショークラブ「Corvette」と言うところで専属ダンサーとして働いていたそうです。


f:id:oyakudachi395:20191229112135p:plain


まだショーパブの方も続けて行くようです!

芸能関係での活動は今後不安定になる可能性もあるとして長い目で見ておらず、堅実な生き方として将来を見据えているのではないかと感じます。




りんごちゃん “ギャップものまね”で一躍「時の人」に


1位の【りんごちゃん】は、今年の1月に出演した『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)がブレイクのきっかけとなり、一躍、時の人になったのです。「ミュージック、スターティン!」のかわいらしい掛け声やルックスからは想像できない、野太い声で武田鉄矢大友康平の曲をそっくりに歌う“ギャップ”が人気の理由で、世間に大きなインパクトを与えました。


 モノマネ以外にも、年齢を聞かれると「りんご31個分」と答えるなど“定番のトークネタ”があり、“イジリのツボ”が確立されていることから、トークでも明石家さんまダウンタウンらバラエティの人気司会者からもかわいがられている。

その勢いで「Yahoo!検索大賞2019」のお笑い芸人部門賞を受賞。モノマネ番組以外にも、芸能イベントやバラエティ番組に引っ張りだこで、大忙しの1年だった。

霜降り明星」の活躍を抑えた?


   f:id:oyakudachi395:20191229112038p:plain
   (▲ せいや 粗品


『2019年上半期のブレイク芸人』では1位だった【霜降り明星】が最終結果では2位になったのです。

りんごちゃんが、この活躍を抑えたのは大きく、2020年のsssっしたあらなる飛躍が明確になったのです。

せいや粗品の活躍は、以下のように目を見張るほどだったのです。

せいやが「お笑い第七世代」を言い出したことでも知られ、20代の若手芸人の旗振り役としてお笑い界をけん引しております。

勢いに乗って、

🔸 『霜降りバラエティ』(テレビ朝日)、

🔸 『霜降り明星のあてみなげ』(静岡朝日テレビ)、

🔸 『霜降り明星オールナイトニッポンZERO』(ニッポン放送

など、冠番組も続々とスタート。

🔸 『衝撃のアノ人に会ってみた!』(日本テレビ系)のほか、

🔸 『おはスタ』(テレビ東京系)金曜レギュラー

としても活躍している。

その結果、テレビ出演数は昨年の59本から307本【248本増】となり
『2019テレビ番組出演本数ランキング』(ニホンモニター調査)で1位に輝いた!

『2019年TV-CM急上昇ランキング』(エムデータ調査)によると4社のCMに出演し、2位にランクイン。

お茶の間に定着し、今年の活躍を見るとしっかり東京進出に成功したといえる。




ネットの皆さんは?

🔸 「見た目とのギャップを活用した一発芸的と思ったら多彩でしかも質が高いモノマネが良かった」


🔸 「最初見た時は衝撃でした。歌も上手いし、バラエティでも体を張るしこれからも長い活躍になるように応援します!」


🔸 パフォーマンスに問題があったというわけではなく、彼とその前に歌ってたグループとの温度差で、会場も置いてきぼりにされてる?って思ったんです。私は彼のあまりの情熱的な歌いっぷりにポカンとしてしまいました。あれだけ腰落として歌うの、ヘビメタやりんごちゃんくらいしか思いつきません→





まとめ

いかがでしたか?

「来年はレパートリーに期待してほしい。モノマネに限らず新しいりんごちゃんを見てもらう年にしたい。乞うご期待です!」と来年の抱負を語っており、一過性で終わらない活躍が期待される。

世間からは早くもりんごちゃんの“ギャップモノマネ”について

「確かに面白かったけど、正直もう飽きてきた」

「芸は達者だがトークなどがあまりに出来なさすぎな気がします」

「ショーパブならもつが、テレビでは今のままでは辛い」

との厳しい声が出ており、2020年にはもう一段階の進化と改善が必須となりそうだ。

来年は、「りんごちゃん」と「霜降り明星」の一騎打ちとなること必至です(笑)



関連記事は以下にもあります。



⇒松本人志「評価能力」の凄まじさが話題に!「M-1審査」で何が起こったのか?
の記事はコチラ

⇒小泉進次郎が「文春砲」の標的か?「不倫相手判明?」「幽霊会社に政治資金?」がヤバイ!
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。