マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

ヘンリー王子が王族引退を発表?理由や原因はなぜ?今後の業務は?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200110163525p:plain


英王室は8日、声明を出し、ヘンリー王子夫妻が「シニアロイヤル」と呼ばれる主要王族の立場から「引退」し、一家で英国と北米を往来しながら生活すると発表しました。

英王室を揺るがす危機に発展している。

英メディアによると、王子夫妻はエリザベス女王Queen Elizabeth II)の意向に背いて発表を強行。

女王を含む主要王室メンバーは側近らに対し、早急な問題解決を要請した。

英国メディアによると、発表については祖母のエリザベス女王も、父親で王位継承順位1位のチャールズ皇太子も事前通知を受けていなかった。

どうしてこのようなことが起こったのでしょうか?

ここでは、ヘンリー王子の「王族引退」の原因は何なのでしょうか?今後業務の進み方に迫ってみました。


ヘンリー王子とは?


f:id:oyakudachi395:20200110164255p:plain

◆ 名前:サセックス公爵ヘンリー王子(Prince Henry ,Duke of Sussex)

◆ 全名:ヘンリー・チャールズ・アルバート・ディビット 

◆ 称号:サセックス公爵ダンバートン伯爵、キルキール男爵

◆ 通称:Prince Harry(ハリー王子)(英語圏では通常非公式の場)

◆ 身位:Prince(王子)

◆ 生年月日:1984年9月15日(35歳)

◆ 出身地:イギリス

◆ 配偶者:メーガン・マークル(2018 - 現在)
f:id:oyakudachi395:20200110164314p:plain

① 年齢38歳
② TV・映画に出演し、女優・モデルとして活躍
③ 国連機関の親善大使として社会活動も積極的
アフリカ系アメリカ人の母を持つ
⑤ 離婚歴あり
⑥ 2016年友人の紹介で出会った
⑦ 2018年・結婚
⑧ 2019年・長男・アーチちゃん誕生
 
◆ 父親:ウェールズ公チャールズ王太子

◆ 母親:ダイアナ・フランセス・スペンサー



ヘンリー王子の経歴

・スポーツ好きとして知られ、イートン校時代はラグビーとポロのチームに所属した。現在もスキー、モトクロス、ポロなどを趣味としている。

スキャンダルを起こすことも多いが、笑顔が多く陽気な性格であることから国民からの人気は高い。

① 11歳頃から酒や煙草に手を出しイートン校時代に入学したばかりの14歳の時にはアルコール依存症を発病した。

② 2002年の夏にはマリファナ吸引騒動を起こし、父チャールズの説得によって、麻薬中毒患者のセミナーに参加したこともあった。

③ 勉学には手を抜き、卒業ぎりぎりの最低ランクの成績だったという。そのため大学には進まず、軍隊に入ることを志願した。

イートン校卒業試験については不正疑惑が持ち上がった。これはイートン校を解雇された美術教師が、王子が試験で提出した絵は自分が描いたとマスコミに暴露したものである。この疑惑を王子側は強く否定している。

⑤ 2005年1月には、仮装パーティーにかつての敵国であるナチス・ドイツの制服を模したスタイルで現われたところをタブロイド紙にスクープされ、内外のマスコミから非難された。

士官学校卒業式後のパーティではストリッパーを膝に乗せ酒を飲む様子がスクープされ、映画の題名をもじった「ダーティー・ハリー」(ワルのハリー)の見出しが紙面に踊った。

⑦ 2008年には泥酔しパパラッチと乱闘騒ぎを起こしたことがある

⑧ 2012年8月、ラスベガスの高級ホテルのスイートルームで撮影された2枚のヘンリーの全裸写真アメリカのゴシップサイトで流出した。

こんなに多くのスキャンダルがあるのは驚きでもあります。

今回の行動との関係が心配されますね?

・2017年11月、アメリカ人の女優メーガン・マークルとの婚約を発表

・結婚に際しサセックス公爵の称号を与えられ、従属爵位としてダンバートン伯爵とキルキール男爵が与えられた。

・2020年1月8日、ヘンリー夫妻は主要王族の立場から引退し、一家で英国と北米を行き来しながら生活すると発表した。妻は財政的に王室から自立するために働く考えであるという。

BBCによるとこの発表はエリザベス女王チャールズ皇太子への相談なしに行われており、バッキンガム宮殿は夫妻の決定に「失望している」と声明を発表している


ヘンリー王子とメーガン妃の声明は?

『高位』王族としての地位から身を引き、経済的独立に向けて取り組むと同時に、引き続き女王陛下を全面的に支援する
数か月にわる熟考と内部協議の末、私たちは本年を、この機関における進歩的で新しい役割を切り開いていくための移行期に充てることを決めた

私たちは英国と北米での時間のバランスを取る予定だ。

と発表したのです。

この2人の発表はエリザベス女王をはじめ、他の王族メンバーは知らなかった様子でした。

一部の報道ではエリザベス女王は「激怒」していると伝えております・


そのためエリザベス女王は「われわれは2人が異なったやり方を望んでいることは理解しているものの、これは時間を要する複雑な問題だ」とコメントしています。

1月8日の公式インスタグラムには、

「2人で何か月も話し合った結果、今年は王室内で進歩的な新しい役割を作り始めることにしました。

引き続き女王陛下をお支えしつつ、公務を果たしながらイギリスと北米の療法で過ごしていきます。

『高位王族』としての地位を退き経済的に自立することを目指します。」

エリザベス女王は、テレビで知り“悲しみと憤り”に暮れており、国民は“裏切られた”と感じているのです。




ヘンリー王子とメーガン妃が高位王族引退した理由や原因はなぜ?


ヘンリー王子とメーガン妃といえば、度々世間を賑わせる王族夫妻なのです。

メーガン妃がやはり何をするにも叩かれやすいんです。

それというのも、故ダイアナ妃のようにパパラッチが多すぎるのです。

イギリスメディアからのバッシングが要因のようですが、

以下に箇条書きにその理由を並べます。

🔸 メーガン妃は、貴族でもなくイギリス人ではない。

 ダイアナ妃は貴族、キャサリン妃はご令嬢でイギリス人。

🔸 メーガン妃の両親は、父親がオランダアイルランド系の白人、母親がアフリカ系
アメリカ人なのです。

🔸 メーガン妃の両親が離婚し、自身もバツイチで離婚歴があります。

🔸【批判されている理由】

① ロイヤルベビーを公開しないと声明

② 伝統的に王室で使われていた産院を変更

③ 贅沢なベビーシャワー

④ 様々な浪費癖へのバッシング

・結婚式に約46億円・・ウエデイングドレス早く5,600万円

・結婚式を除く衣装代・・約6,000万円(2018年、王周王室中最高額)
            キャサリン妃は1/6の役1,000万円だった!

・新居の回送費・・約3億2,800万円、

・妊娠中の諸費用・・約1億5,000万円、

・洋服代・・7,000万円以上

・セレブ専用鍼・・毎週90万円、

イギリスのマリーアントワネットと言われているそうです?

⑤ 王室に嫁いだのに伝統に従わない!

 ・2019年5月:アーチちゃん誕生:王室のしきたりを無視し、SNSで誕生を発表
        2018年のルイ王子誕生では、約7時間後にメディアお披露目した。

  ・2019年9月:エリザベス女王の別荘招待を断り、

全米オープンテニス決勝を観戦した。

 ・2019年12月:クリスマス礼拝に参加せず、カナダでクリスマスを祝い年越しをした。

  ――このことは、相当な裏切りで礼を欠くことになり、女王へのリスペクトがないとされるそうです。――
 


等々いろいろとあるようです。

単純に“伝統”に従っていれば済むことなのに、なぜ伝統に背くのか?もっと一般市民のことを考えられないのか?と反感を買うことが多々あるようです。

🔸 ヘンリー王子とメーガン妃に対する一般市民からの否定的意見が多いことも2人が高位王族を引退する理由となっているようです。

🔸 メディアからの圧力に嫌気がさし、王室と距離を取りたいともお話していたようです。

🔸 そもそも2人が、「王室メンバーではあるが、公人生活を制限し、私生活を守りたい」という考えも引退理由になると思われております。

エリザベス女王の毎年恒例のクリスマスメッセージの異変は?

2018年:机には、家族の写真が飾られております。ウイリアム王子、ヘンリー王子の画像もあった。

f:id:oyakudachi395:20200110164808p:plain

2019年:チャールズ皇太子・カミラ夫人、ウイリアム王子家族、フィリップ殿下(夫)
     ジョージ6世(父)の写真があったのですが、ヘンリー王子とメーガン妃の写真はなかったのです。

f:id:oyakudachi395:20200110164830p:plain


コメントにも意味深な表現がありました。

「今年は非常に厳しい道のりだった。小さな一歩であっても、新年や希望をもって踏み出せば、長年の対立や根深い分断を濃くすることが出来る。」

と表現し“女王の怒りは頂点に達した”と感じた方も多かったのです。

2020年1月4日のケンジントン宮殿公式インスタグラムの「玉座の間」での画像は、


f:id:oyakudachi395:20200110164853p:plain

王位をチャールズ皇太子、ウイリアム王子、ジョージ王子で継いで行くというメッセージの画像なのです。

悲しみと諦めの思いのようです。


ヘンリー王子とメーガン妃の高位王族引退とは?

「高位王族引退」とはどういう意味なのでしょうか?

高位王族が誰を刺すのか?どこまでが王族なのか?明確な指標はないそうです。

一般的には、「高位」とは王位に近い存在で、王に代わって公務を頻繁に行うものとされております。

ヘンリー王子は現在、王位継承は6位なので、王になることもないだろうという判断もあるようです。

<英王王位継承順位>



順位
継承資格者 英 爵位・称号
性別 生年月日/現年齢 現女王から見た続柄

1位 チャールズ
Charles ウェールズ
男性 1948年11月14日 71歳 第1王子

2位 ウィリアム
William ケンブリッジ公爵
男性 1982年06月21日 37歳 王孫/チャールズの第1子

3位 ジョージ
George 男性 2013年07月22日 6歳 王曾孫/ウィリアムの第1子
4位 シャーロット
Charlotte 女性 2015年05月02日 4歳 王曾孫/ウィリアムの第2子
5位 ルイ
Louis 男性 2018年04月23日 1歳 王曾孫/ウィリアムの第3子
6位 ヘンリー
Henry サセックス公爵
男性 1984年09月15日 35歳 王孫/チャールズの第2子

7位 アーチー
Archie ダンバートン伯爵
男性 2019年05月6日 0歳 王曾孫/ヘンリーの第1子

なんといっても長男は強いですね!

王族との縁を切るということではなく、「高位」からの離脱なのです。

① 公務を減らす
② 自分たちの活動をする
③ 3億円/年間の政府からの王室助成金がなくなる。

ということのようです。





ヘンリー王子の今後は?

そして、今後は、

🔸 経済的な自立に努める・・商標登録を100種類以上し、グッズを売る(?)

  ・王子の爵位である差セックス公爵にちなみ

  
   「サセックスロイヤル」をイギリスで商標登録した。
 
    登録項目は、」100以上で、

     Tシャツ、スーツ、くつ下、パジャマ、雑誌、新聞、エンンピツ、しおり、など・・



🔸 エリザベス女王を全面的にサポートする

というシニアメンバーという新たな王族の形を切り開こうとしているのです。

声明を出したことで、エリザベス女王とも話し合っていると思いますが、なかなかそうはなっていないようです。

今後はさらに話し合いが行われて、正式に方向が決まっていくことでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

ヘンリー王子は、経済的な自立を願っており王室ブランドを生かした、王族の肩書を使ってビジネスをするつもりのようですが、具体テク成果はこれからです。

果たしてうまくいくかが心配されます。




関連記事は以下にもあります。



⇒キャロル夫人とは何者か?経歴や年齢が気になる?ゴーン容疑者出国補助か?
の記事はコチラ

⇒ぺこぱ芸人の素顔は?M-1が3位だったがプロフがスゴイ!「もう時は戻さない」がヤバイ!
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。