マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

山下穂尊の交際女性がフライデーに暴露?ラインを完全否定?妹がかわいそう?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200117115450p:plain

いきものがかりの所属事務所は16日、報道各社に対して今日17日発売の写真週刊誌「フライデー」に掲載されている記事への見解を示した。

記事は山下穂尊(37)の女性関係トラブルを報じたもの。

所属事務所は「当該女性と一時期交際関係にあったことは事実ですが、それはあくまで双方合意のうえであり、法に触れるような行為はございません」と説明した。

LINEが残っているが、『完全否定』しているのです。

ここでは、山下穂尊氏のWiki経歴と妹、“Friday”の内容に迫ってみました!




山下穂尊さんのWiki経歴

f:id:oyakudachi395:20200117115530p:plain

◆ 名前:山下穂尊(やましたほたか) 

◆ 愛称:ほっち

◆ 生年月日:1982年8月27日(37歳)

◆ 出身地:神奈川県海老名市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:174㎝

◆ 学歴:法政大学社会学部卒業

◆ 職業:ミュージシャン、作詞家、作曲家、ギタリスト。いきものがかりのギター(主にアコースティック・ギター)、ハーモニカを担当している。

◆ ジャンル:J-POP

◆ 活動期間:1999年~

◆ 趣味::旅行、アニメ鑑賞、家庭菜園,、読書家で、移動や待ち時間などは基本的に読書をして過ごしている。

◆ 特技:旅行、アニメ鑑賞、家庭菜園

◆ 好物:ラーメン、酒、

◆ 家族:妹、未婚

山下穂尊の経歴

・小学3年生の頃からピアノを習っていた。ギターは中学時代に通っていた塾の講師に教えてもらったのが始めるきっかけとなっており、最初に弾けるようになった曲は「心の旅」(チューリップ)である。


・大学時代はアジアや中南米方面へたびたび海外旅行に行っており、現地のパソコンが日本語に対応していないため英文で書かれたメールで居場所を水野に教えていたという。


いきものがかりのギター(主にアコースティック・ギター)、ハーモニカを担当している。
f:id:oyakudachi395:20200117115652p:plain


・2017年1月から2,018年11月の「」(活動休止)期間を終え、2019年待つには前年に続き「NHK紅白歌合戦」に出場。

・今年4月からは、結成20周年記念に全国ツアーっを開始する。

・主にカップリング曲やアルバム収録曲の作詞・作曲を担当しており、「Happy Smile Again」「赤いかさ」やカバー曲、ライブ音源を除くすべてのカップリング曲の作詞・作曲は山下によるものである。


・曲作りを始めたのは高校2年生の時で、水野が曲を作っているのをみて「自分でも作れるのではないか」と思ったのがきっかけである。初めて作った曲を水野に見せたところ「もっといいものが作れる」と突き返されたが、その次に作った曲「地球」は水野に「相当焦りを感じた」と言わしめるほどの完成度だったという.


・実は山下穂尊さんかなり女性にモテるらしく過去にフライデーから二股交際疑惑が出たことがあります。
しかもこの時の2人が全く違うタイプだったのも衝撃的。

・2017年の『フライデー』では、2人の女性を別々の日にお持ち帰りしていたことが報じられました。女癖が悪いことでは有名だったのです。

f:id:oyakudachi395:20200117115709p:plain



山下穂尊の「デートレイプ」は?

「今でも、嘔吐したり全身に蕁麻疹が出たりする日々が続いている。それなのに山下さんは、平気な顔をしてテレビに出ている。そんな彼を見ていたら、憎悪の気持ちがこみ上げてきました。」

と、事件の一部始終を語ったのです。

「山下さんと初めて会ったのは、2019年2月でした。5人ほどん会食に彼もいて、『前回はあまり話せなかったから今度は二人でご飯でもどう?』と誘われて2月下旬に高級焼肉店で食事をした。」

そのご、山下さんの自宅(40階以上の高級タワーマンション)に誘われて、飲み直し、『いつもはお酒で気を失うことがないのに突然意識がなくなった!』気が付いたら山下さんが乗っていたのです。」

「『もう一回させて』と言いながら体を触ってきたのです。怖かったのでそのまま耐えた!」

事が終わって、すぐに部屋を飛び出したそうです。


ネットの皆さんは?



🔸 山下穂尊フライデー→事務所が反論って流れ、完全に成宮思い出して辛すぎ。


🔸 【FRIDAY】いきものがかり山下穂尊、交際女性にLINEを捏造されたか。所属事務所「全文をチェックした。削除の形跡もない」



まとめ

いかがでしたか?

2017年の『フライデー』では、2人の女性を別々の日にお持ち帰りしていたことが報じられました。女癖が悪いことでは有名だったのです。


「合意の上で一度だけ」関係を持ったと言っていたのですが、『フライデー』誌には、

「一時期交際関係にあったことは事実ですが、あくまで合意の上です。LINEのやり取りも全くなく、事実ではありません!」

と、完全否定したコメントを発表したのです。

『フライデー』の記事は、脈絡が一致せず“捏造”だと決めつけております。






関連記事は以下にもあります。



⇒キャロル夫人とは何者か?経歴や年齢が気になる?ゴーン容疑者出国補助か?
の記事はコチラ

⇒中国 日本の人気観光地が変化?春節連休で新型肺炎がヤバイ!避けるが勝ち?
の記事はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございます。