マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

平手友梨奈・欅坂46「脱退」?イジメ、分裂、絶対的エースに何が起こったのか?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200125102332p:plain


平手友梨奈(18)が1月23日に放送されたラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)内で自身が担当しているコーナー「GIRLS LOCKS!」で、所属するアイドルグループ「欅坂46」を”脱退”することについて言及した。

アイドルグループ・欅坂46の絶対的エースに何が起きたのか――。

独特の存在感で人気を獲得していた平手友梨奈が、グループからの脱退を発表したのです。

“卒業”とは異なる表現に、ファンの間でさまざまな憶測が飛び交っている。

デビュー曲となった「サイレントマジョリティー」でセンターに抜擢されると、現在まで全てのシングル曲でセンターを務めていました。

本人は「不安とプレッシャーでしようがなかった!」と言っておりましたが、

従来のアイドルグループとは異なる雰囲気を放つ欅坂46の中でも、平手は圧巻のパフォーマンスで評価を高めてきたのです。

“卒業”という表現が使われていない点に疑問の声が相次ぎ、

「脱退という言葉にはマイナスイメージがある。運営と揉めたのでなければいいけど」

「卒業と脱退の違いはなんだろう。円満に決まったわけではないの?」
と、心配する声も目立つのです。


ここでは、平手友梨奈さんのWiki経歴と「脱退」の意味に迫ってみました。




平手友梨奈さんのWiki経歴


f:id:oyakudachi395:20200125102348p:plain

◆ 名前:平手友梨奈(ひらてゆりな)

◆ 愛称:てち、てっちゃん、

◆ 生年月日:2001年6月25日(18歳)

◆ 出身地:愛知県

◆ 血液型:O型

◆ 身長:163㎝

◆ 学歴:日出高校

◆ 職業:アイドル、女優(欅坂46のメンバー)

◆ 活動期間:2015年~

◆ 家族:両親、兄(平手慎太郎、6歳上)の4人家族。

◆ 趣味:お笑い番組を観ること、音楽を聴くこと

◆ 好きな食べ物:茶碗蒸し、麺類、タコ、チョコパイ。好きなラーメンは醤油ラーメン

◆ 事務所:ソニー・ミュージックレーベルズ

平手友梨奈さんの経歴

・中学2年生の時、お芝居への興味もあり、乃木坂46のファンの兄から勧められ、自分を変えるべく、鳥居坂46の1期生オーディションに応募した

・2015年に欅坂46の1期生オーディションが行われ、平手友梨奈さんは当時14歳の中学2年生で合格者の中で最年少でした。

・デビュー曲となった「サイレントマジョリティー」でセンターに抜擢されると、現在まで全てのシングル曲でセンターを務めています。

f:id:oyakudachi395:20200125102423p:plain

・その存在感と表現力は圧倒的で、MVなどもセンターの平手友梨奈さんを中心にした構成になっていて、既存のアイドルファンだけでなく多くの人を魅了しています。

・2018年9月に公開された漫画原作の映画「響」で映画初出演で初主演を果たします。

この作品で平手友梨奈さんは「日本アカデミー賞新人俳優賞」「日刊スポーツ映画大賞」の新人賞を受賞しています。

・2019年1月、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

・同年2月、2018年度日本インターネット映画大賞 日本映画ニューフェイスブレイク賞を映画『響 -HIBIKI-』で受賞した。


・同年5月、第28回日本映画批評家大賞で新人女優賞を受賞した。


平手友梨奈さんは「卒業」でなく「脱退」とは?

f:id:oyakudachi395:20200125102618p:plain

平手さんが「脱退」を発表した1時間前に、欅坂公式ホームページで人気メンバーの織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の”卒業”、佐藤詩織(23)の活動休止が発表されていた。

「織田と鈴本は”卒業”ですが、平手は卒業ではなく、”脱退”という表現になっています。

これは本人の意思を尊重したため。そこには円満なかたちではない、というメッセージがこめられているのだと思います。

ラジオでの『今は話したいと思わない』という発言にも、それが表れている」のです。

🔸 平手はメンバー最年少。2016年4月にリリースされたグループのデビュー曲「サイレントマジョリティー」を含め、シングル8曲すべてでセンターポジションを務め、その圧倒的な存在感が牽引したグループの人気は旭日昇天の勢いだった。

🔸 だが、既報の通り、この“平手一強体制”により多くのメンバーが振り回されたのも事実。最終的に平手脱退にもつながったという。

🔸 「発言力が強くなりすぎてしまった平手さんとメンバーの間には深い溝ができてしまった。

🔸 シングルのリリースが遅れに遅れるなど振り回され続けた結果、『もう、疲れた』と多くのメンバーもうんざりした表情を隠さなくなった。

🔸 正直、平手さんはグループ内で浮いた存在になってしまい、居場所がなくなっていた。運営サイドともうまくいかない場面が多くなり、相談相手も秋元康さんしかいなかった。孤立する一方だったのです」

🔸 今泉佑唯ヘノいじめ問題で明らかになったように、”平手一強”の運営体制がメンバーにも大きく影響し、「平手以外のセンターを許さない」という狂信的な状態に陥っていた。

「卒業」と「脱退」の違いは?

アイドルグループ・でんぱ組.incの元メンバーでタレントの最上もがさんもTwitterを更新し、持論を展開した。

「ぼくは”脱退”、ねむは”卒業”したけれど、続けたくても身体的にも精神的にも限界だったために、抜けざるを得ないという選択を自らしたので、どうしても卒業という表現ができなかった

日刊スポーツによると、平手さん「本人の意思を尊重」して、「卒業」ではなく「脱退」という言葉を使うことになったという。

平手さんは脱退発表後に出演したラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』で、脱退の理由を明かさなかったが、

「いつか自分が話したいと思ったときに、どこか機会があれば、お話させていただこうかなと思っております」

と語った。

また、最後には「私とはまた来月、この教室で、また明るくお会いしましょう」と言い残し、芸能活動をつづけることを示唆した。

卒業ではなく、あえて脱退という道を選んだ平手。決断に至った真意が、本人から語られる日を待ちたい。



まとめ

いかがでしたか?

平手さんは、「デビュー曲となった「サイレントマジョリティー」でセンターに抜擢されると、現在まで全てのシングル曲でセンターを務めていた。」

とは驚きですね!さらに加えて“最年少”だったそうで日本社会では「何かと軋轢」を生じるようです。

一種の“組織運営”の難しさを物語っているのです。

平手さんは、今後は“ソロ活動”をするようですが、その才能が生かされることを期待しております。






関連記事は以下にもあります。



⇒中国 日本の人気観光地が変化?春節連休で新型肺炎がヤバイ!避けるが勝ち?
の記事はコチラ

⇒杏・東出昌大夫妻が別居?オシドリ夫婦を分けた原因は「不倫」だった!
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。