マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

「東出・唐田不倫」は“許せない!”女性が激怒する4つのポイントとは?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

f:id:oyakudachi395:20200128092652p:plain


週刊文春」1月30日号が報じた、俳優・東出昌大(31)と9歳下の女優・唐田えりか(22)との不倫が大きな話題となっている。

東出は妻で俳優の杏(33)とは2015年元旦に結婚。2016年には双子の女児をもうけ、2017年には長男が誕生。

2人は芸能界きってのおしどり夫婦として知られていたが、週刊文春の報じた東出の“裏切り”に多くの女性が怒りの声を上げている。

お子さんの年齢は、長女・次女は3歳、長男は2歳で1年半しか離れていない“年子”なのです。

特に女性の声が大きいのはなぜか?  ここでは4つの要因に迫ってみました。

東出昌大唐田えりか各氏のプロフィールは、以下の記事を参照ください。

⇒杏・東出昌大夫妻が別居?オシドリ夫婦を分けた原因は「不倫」だった!


oyakudachi395.hujiwara.com



東出昌大氏の言動に“怒り爆発”?


◆ 【女性立腹 ①】:杏が妊娠中の東出の言動だ!

当時、杏は身重で必死に双子を育てて家事をこなしながら、唐田と親密な関係になっていた。

東出はイクメンとしてメディアでも取り上げられていたが、実情は違ったのだ。

「帰宅すると同時に温かい料理が用意されていないと、ぷいと怒って外に飲みに出てしまう」という証言を紹介している。

「妊娠中の不倫に、双子と年子(1歳違いの子供)も抱えて、日ごろと同じ水準の家事を夫が要求している。この状況は非常に危険です。」

というのです。
f:id:oyakudachi395:20200128093206p:plain

産後うつに悩まされる女性は多いそうです。

2018年には国立成育医療研究センターが妊産婦死亡の原因の中で自殺が最も多いと発表された。

自殺者の多くは産後うつの状態だったと言われている。坂本氏は今回の件について、こう指摘した。(坂本:青山すみれクリニックの院長・産後うつに詳しい専門医)

「出産する女性にとって妊娠から出産期は環境が大きく変化し、大きな不安を感じやすい時期です。

身体もホルモンバランスも激変し、働いている人なら休職や復職などで生活環境も変わる。

産後は体力も落ちる。さらに自分がいなければ死んでしまうかも知れない幼子を抱えるプレッシャーは相当のものです」


【産後になりやすい病気は?】(一般的情報として・・)

昔から、「産後の肥立ちが悪い」という言葉があるように、出産後数ヶ月の頃は気分が不安定になることが知られていました。

産褥期になりやすいこころの病気に、次の3つがあります。

  ● マタニティブルーズ(軽度):出産直後から数日間のうちになることが多いです。持続期間

は短く、長くても数週間で自然によくなります。出産後の女性で5~50%の方が、何らかの不安定さを体験していると言われています。

  ● 産後うつ病(重度)産後うつ病は、出産後1週間~2週間以降に発症し、罹病期間は数ヵ月また時に1年くらいまで及ぶことがあります。

産後うつ病は適切な治療とサポートがないとお母さんの自殺や母子心中に及ぶこともあるので、対応は慎重に行います。

このような時期の“夫のサポート”の重要性は“言を俟たない”のです。

  ● 産後精神病(最重度):これは産後のこころの病気の中でも最も重篤なものです.その頻度はまれであって、

1,000人に1人の割合といわれています。通常、出産後2週間以内に発症します。この状態は極めて重症ですので、精神科治療が必要です。

◆ 【女性立腹 ②】:妻を産後うつに追い込む、夫の心ない言動

「育児に追われる母親に対し、『どうして子供がいないときと同じように家事ができないんだ』と怒る夫もいます。

不倫云々以前の問題として、子供を抱える母親にとって、パートナーが自分でできる家事さえしなかったり、家のことを押しつけて飲み歩いたりする行動は、それだけで産後うつのリスクになるのです。

「杏さんの場合、最初のお子さんが双子。これは想像を絶する大変さです。

初めての育児でわからないことばかり。

『ちゃんと息しているのかな』

『これでいいのかな』

と不安を抱えて気が休まらないし、交互に授乳やお世話をするので1日に30分も眠れない日が続きます。

それ以前に妊娠中から母体にはかなりの負荷がかかります」(名寄市立大学特命教授の猪熊弘談)


【双子の育児に直面する壁・心理は?】(一般的情報として・・)

NPO法人「多胎育児サポートを考える会」があるそうです!

アンケート調査によると、多胎育児当事者の93.2%が「気持ちがふさぎ込んだり、落ち込こんだり、子どもに対してネガティブな感情を持ったことがある」と回答したのです。
以下に課題を箇条書きに纏めると・・

🔸 双子用ベビー化だと、買い物できる場所が限られる。

「双子だから無理という壁が、世の中にはたくさんあります」例えば自転車の制限もあるのです。(詳しくは省略)

🔸 前後に双子、さらに背中に一人ぶら下げる・・・

f:id:oyakudachi395:20200128093246p:plain

「小さいスーパーだと、カートとすれ違えないため、そもそも買い物に行けません。ベビーカーが使えない場面では、抱っこひもで双子のひとりを、片腕でもうひとりを抱えて移動となる。」


🔸 「ひきごもりがち、気づいたら涙?」

夫の仕事が忙しく、また両親も遠方のため、平日はワンオペ育児をせざるをえなかった。どうしてもひきこもりがちになり、外出は週に1度、夫に子守をまかせている間に1週間分の買い物に行くときだけ、という時期も。
双子にかかりきりになってしまったぶん、長女の赤ちゃん返りもあったそうです。

🔸 多胎育児には、周囲の助けが不可欠!

「多児育児は、大人1人では物理的に不可能な場面が多々あるので、周囲の理解とサポートが不可欠です。」

さらに杏さんの場合は、双子に続いて“年子”で3人目が生まれております。

いかに大変であったかが想像に難くありません!


◆ 【女性立腹 ③】:冷却期間? 子育て世代の“イクメンヅラ”する夫?


f:id:oyakudachi395:20200128093332p:plain

男性に必要なのは何より妻を精神的に支えること。

それすらも放棄して、自分は外で若い女性と不倫していました、となれば、子供を育てた経験のある多くの人は許せないと思うでしょう。

この怒りは根深いですよ。

東出さんご本人は『冷却期間』と言っているようですが(※1月22日、東出の所属事務所は「今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております」とコメントした)、常識的に考えてどこにやり直すきっかけがあると思っているのかと言わざるを得ません」(猪熊氏談)

お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜さんは、東出の事務所が発表したコメントの中にあった「ひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」という一文について、

「報道によると杏さんが妊娠中だった。となると一番苦しいのって杏さんだと思う。

きつい言い方ですけど、自業自得にもかかわらず、東出さん側から苦しんでいるという表現をしてほしくなかった」

と述べたのです。


【女性立腹 ④】:東出の行為は年下夫による典型的なモラハラ


「育児に奔走する妻への裏切り、役者として大きく成長させてくれた仕事の先輩への恩を仇で返したこと。

そして、不倫相手が当時未成年であったことなど、いくつもダメな点が見える。

ただ、それ以前に、『温かい料理が用意されていないと怒って外に飲みに行ってしまう』

など、東出さんがモラハラ的言動をしていたことにショックを受けた人も多かったのではないでしょうか。

年下夫に典型的な甘えのように感じた人もいたと思います」(猪熊氏談)


唐田えりかさんのイメージが最悪に?

唐田さんへの批判は辛らつなものがあります。

「唐田はカメラ好きで自身のインスタグラムに自分が撮影した共演者との写真を投稿していましたが、東出との写真はかなりの数で、中には際どいものも。

東出を『でっくん』と呼び、杏が主演したドラマ『偽装不倫』に“いいね”をしていたことなどが発覚すると、“これって匂わせじゃない!”“杏ちゃんを挑発してるの?”など確信犯を疑う声まであがりました」

「清純派女優なんて仮面被って、人の夫を取るなんて許せない」といった厳しい声が書き込まれている。

「東出さんは、共演者に手を出す俳優、唐田さんは妻子ある男性と平気で付き合う魔性の女、のようなイメージがついてしまいました。特に唐田さんは、女優としてこれからという時期のスキャンダルですから、今後はCMなども厳しいでしょう。

また、時間が経ったとしても、杏さんが子育てと女優業をしっかりこなせばこなすほど、『あの時の不倫相手』と、この不倫騒動が残像のようについてまわります。

唐田さんのダメージは計り知れない」(芸能リポーター:川内天子さん談)



まとめ

いかがでしたか?

このように、世の御婦人層に厳しい叱責があります。

特に、妊娠中の不倫には厳しいものがあります。お子さんも年子のようで、杏さんの苦闘が想像されます。

テレビ・CMを見てもこのような顔(不潔な)が思い出されて“顔を背ける”女性が増えては、東出・唐田両氏に居場所はなくなっているのです。

韓国ではもっと“不倫”には厳しく、ますます居場所はなくなっているのです。

事務所の対応も“時間稼ぎ”と疑われるような表現にも“批判”が集まっているのです。



関連記事は以下にもあります。



⇒杏・東出昌大夫妻が別居?オシドリ夫婦を分けた原因は「不倫」だった!の記事はコチラ

⇒東出昌大・杏夫妻が離婚の危機?不倫相手は「唐田えりか」で未成年不倫でヤバイ?
の記事はコチラ

⇒唐田えりか 東出昌大との不倫で芸能界引退か?主婦層はテレビを見ない?韓国も締め出し?
の記事はコチラ


最後までお読みいただきありがとうございます。