マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

新型肺炎でデマが急拡散?恐れるのは中国、日本もヤバイ!なぜ拡散するのか?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200131201007p:plain

中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大している。このように社会全体に不安が広がるとき、問題になるのが「デマ」の拡散だ

日本でも肺炎の感染が拡大し始めてから、「武漢から来た、新型肺炎の疑いがある中国人が関西空港から逃げた」というデマが出回ったことは記憶に新しい。


惑わされないためにどんなデマが拡散しているかを知ることに意味がある。

ここでは、デマの数々を調べてみた。

中国の対策は?

f:id:oyakudachi395:20200131201235p:plain

中国人が情報をやり取りする際に使っているのが、10億人を超えるユーザーがいる騰訊控股(テンセント)の「微信ウィーチャット)」だ。そのテンセントは新型肺炎についてデマが出回っているのに対応して、情報の真偽を確認できる特設サイトを用意しているのです。

例えば「アルコール度数が高い白酒を部屋に噴霧すれば新型肺炎の予防になる」という噂に対して、専門家が監修した上で「偽科学」という判定を下すといった具合だ。

日本でも、フェイクニュースや不確かな情報を裏付けせずにまとめる「キュレーションサイト」が社会問題となった。新型肺炎は世界各地で感染者が増加しつつある。

ソーシャルメディアの運営者が信頼できる情報を提供する取り組みは今後、日本で不確かな情報の拡散を防ぐためにも参考になりそうだ。

武漢市の公安当局の対応は?やりすぎか?

f:id:oyakudachi395:20200131201150p:plain


武漢市の公安当局は1月1日、新型肺炎について「事実でない情報を発信、転載した」として8人を拘束し、処罰したことを明らかにしている。

当時、武漢市当局は新型肺炎について「人から人への感染は確認されていない」など、安心性を強調する情報ばかりを流していた。

だが、その後新型肺炎の感染の実態が明らかになっていくにつれ、ネット上では「公安は8人に公開謝罪すべきだ」との意見が公然と書き込まれるようになった。

一般的にこうした書き込みはすぐに消去されることが多いが、今回は共産党系メディア幹部も理解を示す意見を書き込むなど様相が異なる。

当時は新型ウイルスの存在が未確認であり「SARSを疑った医師の行動は『デマ』と言えない」と指摘。

「(摘発で)警鐘を鳴らす医師はいなくなった。その結果が、皆が目にしている事態だ」と訴えた。

 世論が沸騰すると、最高人民法院最高裁)は28日、公式アカウントに掲載した文章で、8人の行為を

「完全な捏造(ねつぞう)とは言えない。当時、もしも社会がこの『デマ』を信じていたら、大勢がマスクを着けて消毒を徹底し、感染防止の上で喜ぶべきだったろう」

と違法性を否定。

さらに「法執行機関は情報発信者の性質を十分考慮すべきだ」として公安当局に苦言を呈し、火消しに走った。

それでも、ネット上では「社会の安定」を理由に言論統制を徹底する現体制への疑問も噴出。

「庶民は真実を口にして捕まり、政府はうそを言っても許される」

といった怒りの声が相次いでいる。


新型肺炎」関連の“デマ”は?

f:id:oyakudachi395:20200131201129p:plain

🔸 「東京五輪中止」のデマが拡散した。

国際オリンピック委員会と世界保健機構が感染症対策を協議している。→「感染症対策が重要」と報道されたが、大会組織委員会は「中止の事実はない」とコメントした。


🔸 ドライヤーで手と顔に熱風を30秒当てれば消毒できる→。「熱風を当てても皮膚が乾くだけ」

🔸  56度の熱いシャワーを浴びればウイルスに対抗できる→」「ウイルスを殺すには56度以上の状態を30分維持しなければならないが、人体を56度以上に保てば壊れるのはウイルスだけではない」

🔸 ごま油を鼻の穴にたらすと予防効果がある→「ごま油を鼻に入れても匂いが付くだけで何の効果もない」

🔸 「毛糸の衣服はウイルスが付着しやすい」

🔸 「ニンニクが治療に効く」

🔸 犬猫を買うと感染しにくくなる。(中国)

🔸 現金の受け渡しによって感染する子供にお年玉上げないように。(中国)

🔸 イチゴを食べると予防になる。(中国)

🔸 抗ウイルスマスクは風に当てるかアルコール消毒すれば繰り返し使える。(中国)

🔸 「日本が千人の医療チームを武漢に派遣する」

🔸 「昭寿が出た中国人が関空から逃亡。京都やUSJへ行きたいからと話した。」

🔸 感染者が車で逃走したというデマが車のナンバーとともに拡散

🔸 中国から観光客を乗せたクルーズ船が福岡港に入港したかのようなツイート。

🔸 「武漢から来た、新型肺炎の疑いがある中国人が関西空港から逃げた」
  →中国のウエィボーから引用か?

🔸 中国産キムチからの感染を恐れる投稿が急増。(韓国)・・「中国で死蔵して輸送するまで時間がかかりウイルスが生存する可能性は極めて低い。」と政府関係者が説明した。


🔸 「新型のウイルスによる肺炎で治療を受けていた66歳の男性が死亡」と投稿があり、わずか2時間半で4600人が閲覧した。・・「死者は確認されていない」(シンガポール

🔸 「新型コロナウイルスに汚染された食品が発見された」との投稿があった・・「そのような事実はない」(オーストリア


SARS,MARSの時にもデマが?


🔸 (SARS):「飛行機から消毒液をまく」とのデマが一瞬にして広まり、市民を混乱させた。


🔸 (MARS):韓国ではキムチのおかげで感染者ゼロだったとのうわさが広まり、「キムチがMARSの感染予防に効果あり」とおもわれ、キムチの売り上げが急増した。



なぜ、デマは拡散するのか?

f:id:oyakudachi395:20200131201129p:plain

「社会全体が不安で、混乱している時はデマが拡がりやすい」と平 和博教授(桜美林大学)が解説したのです。

米の心理学の研究によると、

デマ・うわさが流れる量=内容の重要性×内容の曖昧さ

今回の「東京オリンピック中止」」じょうほうの拡散は、」まさにこの公式が当てはまる。(平 和博教授)

今回のデマ拡散に当てはめると、

【内容の重要性】

新型コロナウイルスに感染してしまうかもしれないという重要性。
東京五輪という国民的関心事」

【内容の曖昧さ】

・感染者数、致死率など刻々と情報が変わる。
・ワクチンが開発されておらず、終息が見えていない。

これが掛け合わさって⇒大量拡散

さらにデマの急拡散には、」SNS特有の手軽さも影響している。災害時などで生かされる面もあるが・・・(平 和博 談)

デマが拡がる要因には2つがある。

① 「身近で重要なので早くみんなに伝えたいという注意喚起の要因。」
② 自分勝手な正義感

・2018年の西日本豪雨:「レスキュウ―隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入っている」とSNSで拡散した。・・警察に寄せられたデマだったのです。

・2018年の北海道地震:「6時間後の震度7が来る」と「拡散希望」などと付されたインターネットを中心に拡散したが、デマだった。

これらは「デマを受けた人が悪意なく周囲に広めたケースが多かったのです。」


まとめ

いかがでしたか?

現代のSNSの発達が、このような“恐ろしい拡散”をしてしまうのです。

デマに惑わされないためには、

・情報源が信頼できるか?
・複数の信頼できるメディアが伝えているか?
・自分がデマの拡散に加担しないために理ツィートする前に“一呼吸”おいて冷静に考える。

事が重要なのです。



関連記事は以下にもあります。



⇒中国 日本の人気観光地が変化?春節連休で新型肺炎がヤバイ!避けるが勝ち?
の記事はコチラ

⇒新型コロナウイルス(中国)死者17人から分かったことは?症状の特色と対策が気になる?
の記事はコチラ

⇒WHOが“新型コロナ感染拡大”で「緊急事態」宣言!何が変わるのか?効果は?
の記事はコチラ




最後までお読みいただきありがとうございます。