マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

#新型肺炎患者 、「劇的回復薬」発見?効果と三次・四次感染はあるか?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200203103423p:plain



タイ保健省は2日、新型コロナウイルスに感染した中国人女性(71)に、インフルエンザとエイズウイルス(HIV)の治療に使われる抗ウイルス剤を混合して投与したところ、症状の劇的な改善が見られたと発表した。

このことは、一台センセーショナルで、今後この方面の探求が進み、急速に収拾に向かうことが期待されます。

ここでは、タイの実情と“新薬の効果”に迫ってみました。

タイ保健省の発表は?

f:id:oyakudachi395:20200203103505p:plain


中国中部・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)で発生したとされる同ウイルスについて、タイではこれまで19人の感染が確認され、中国以外の感染者数としては、日本の20人に次いで2番目に多い。タイの感染者では患者8人がすでに回復して退院、11人が入院している。

 医師のKriengsak Attipornwanich氏は保健省の定例記者会見で、医師らがこの中国人女性患者にこれらの混合した薬を投与したところ、48時間後の同ウイルスの検査で陰性となったと発表した。

🔸 「陽性だったコロナウイルスの検査結果が48時間で陰性になった」

🔸 「患者は消耗していた状態から、12時間後にはベッドで起き上がれるようになった」

🔸 10日観症状が悪化していた中国人女性(71歳)の「熱が下がった」「食欲回復」し、48時間以内にコロナウイルスが消滅した。

と述べた。

使ったのはエイズ治療薬の「ロピナビル」と「リトナビル」(総称名・カレトラ)、インフル薬の「オセルタミビル」(商品名タミフル

感染確認から10日しても回復しない重症の中国人女性(71)に投与したところ、それから48時間以内に新型コロナウイルスが消失したという。

インフルエンザの治療薬とは?

インフルエンザの治療薬としては、タミフルリレンザなどの 抗ウィルス剤が使われている。いずれもウィルスの複製を抑える 薬であり、発症後48時間以内に服用を始めることが必要である。

タミフルは10代の子供では異常行動が問題となっており、リレ ンザが処方される。

また、最近タミフル耐性ウィルスが出現して いる。リレンザは吸入薬であり、適切に吸入することが必要である。

f:id:oyakudachi395:20200203103648p:plain

タミフルの主原料は、中華料理の香辛料に使われる「八角」 である。

八角は健胃作用などがあり漢方薬としても用いられるが ( 漢方名は大茴香)、八角そのものには抗インフルエンザ効果はない。

漢方薬では、麻黄湯がインフルエンザに有効であり、保険 適応である。

最近、A型インフルエンザだと診断された患者を対 象に、抗ウィルス薬、総合感冒薬、麻黄湯のそれぞれを投与して、 効果を比較した研究が報告された。

この研究によれば、麻黄湯を 投与した群で、総合感冒薬に比べると、急性気管支炎、肺炎の発生率が低下することが明らかになった。

さらに、発熱日数を比較 したところ、麻黄湯を投与した群は、抗ウィルス薬と同じくらい の短期間で済んでいることが分かった。

漢方医学では、インフル エンザのような症状は、体の表面部にある水毒によって起こると 考えるようである。そこで、水毒を取り除く作用を持つ麻黄湯が 選ばれてきた。

子どもや高齢者など、体力が衰えている人(虚証・ 裏証)に使うときは注意が必要であり、そのような場合には麻黄 附子細辛湯が良いとされる。

また、板藍根(バンランコン)は、 中国でよく用いられている生薬であるが、清熱解毒作用がありイ ンフルエンザに有効であるとされている。



エイズ治療薬「カレトラ」とは?


f:id:oyakudachi395:20200203103712p:plain

🔸 総称名:カレトラ

🔸 一般名:ロピナビル, リトナビル

🔸 製剤名:ロピナビル・リトナビル配合剤

🔸 薬効分類名:抗ウイルス化学療法剤

🔸 効能・効果:HIV感染症

🔸 用法・用量:通常,成人にはロピナビル・リトナビルとして1回400mg・100mg(2錠)を1日2回,又は1回800mg・200mg(4錠)を1日1回経口投与する.
なお,体重40kg以上の小児にはロピナビル・リトナビルとして1回400mg・100mg(2錠)を1日2回投与できる.
本剤は,食事の有無にかかわらず投与できる

🔸 使用上の注意:「身長投与」「重要な基本注意」「相合作用」「併用注意」「副作用」

  「高齢者注意」「妊婦・産婦注意」等々多数にわたり仕様には細心の注意が必要のようです。

新畑肺炎の感染者のピークは?

指数関数的に増えるので、4下旬~5月上旬頃がピークと考えられます。

<一日の感染者数>

重慶:15万人超

北京・上海:5万人超

深圳・広州:3万人超

総感染者数は、億超の膨大な数になる事が予想されます。

二次・三次感染の発生は?

春節の大型連休から1週間以上たち、日本国内の感染者は増加する可能性がある。

三次感染・四次感染が日本でも発生してもおかしくない。(岡田教授 談)

武漢からのチャーター機での帰国者565人で、感染者が8人は感染率が約1,4%です。

これを当てはめると、武漢の感染者は10万人は優に超えます。



まとめ

いかがでしたか?

タイでの新情報で、今後多数の病院・遺志により確認・検証が進むことが期待されます。

新型肺炎のワクチンの開発のは数か月かかることから、この発見は“手っ取り早い対策”として注目されます。

「中国では、1月上旬に遺伝子の配列が公表ており、「この薬品が効く」と当たりをつけての試用なのです。法的承認も取れているので、すぐにでも使えるので日本でも可能」

(岡田晴恵教授談)

とのことで、期待が膨らみます。





関連記事は以下にもあります。



⇒新型コロナウイルス肺炎の拡散で「指定感染症」に指定か?最新情報をまとめた!
の記事はコチラ

⇒WHOが“新型コロナ感染拡大”で「緊急事態」宣言!何が変わるのか?効果は?
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。