マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

#新型肺炎 日本国内大流行が始まっている?「日本の対応」の不備が多すぎる証拠は?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200207112446p:plain



新型コロナウイルスの流行が止まらない。2月5日現在、中国国内の患者数は2万4324人、490人が死亡した。さらに中国本土以外の26の国と地域で180人の感染者が確認されている。

これを受け、世界保健機関(WHO)は1月30日に緊急事態を宣言した。日本政府も水際対策に力を入れている。

香港で下船した客が新型コロナウイルスに感染していることを受け、大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号は横浜港の大黒ふ頭沖に停泊を指示され、上陸が許可されていない。

船内には2666人の客と1045人の乗務員がいる!しかし、全員の検査が実施されていないのです。

これほどに、「日本の対応の不備」が叫ばれているのです。

ここでは、「日本での拡散が始まっている」証拠の数々と、「日本の対応の不備」に迫ってみました。


新型肺炎」日本での拡散が広まっている?

2月3日現在、確認・公表されているだけでも20人に及ぶ。注目すべきは、既に2次感染が起こっていることだ。

🔸  1月28日には武漢からのツアー客を乗せた奈良県のバス運転手、29日には同じバスに乗車していたバスガイドが感染していたことが判明している。

 さらに31日にはバス運転手と接触した女性の3次感染が確認されている。

🔸  2月4日、タイ保健省は、1月下旬に日本に旅行した夫婦が新型コロナウイルスに感染していたと報告した。

日本滞在中に体調が悪くなったらしい。この夫婦の存在は日本国内で新型コロナウイルスが流行していることを意味する。

極めて重要な情報だが、日本ではほとんど報じられなかった。

さまざまな状況を考慮すれば、日本国内で新型コロナウイルスの流行が始まっていると考えるのが妥当だ!

🔸 当初、人から人には感染しない、あるいは感染力は弱いとされていたが、その後の研究により新型コロナウイルスの感染力は高いことがわかっている。

 ヒト・ヒト感染の可能性は以前から指摘されていた。中国政府は1月21日に15名の医療従事者が感染し、うち1名は重症と発表しているのだ。

🔸 医療従事者の重症化率は貴重だ。医療従事者は健康状態を厳密に管理され、感染の疑いがあれば、すぐに検査を受ける。感染者数が正確にわかるので、重症化率もわかる。この数字の意味は大きい。

🔸 新型コロナウイルスの診断を難しくするもう1つの理由は、若くて健康な人は感染しても重症化せずに治ることだ。医療従事者の場合、重症化率は6.7%だった。重症化しやすいインフルエンザとは違い、臨床症状だけでは普通の風邪とは区別がつかない

🔸 現時点でもっとも重要な情報はなんだろうか。それは、国内ですでにどの程度感染が広がっているかだ。

 国内に新型コロナウイルスが入ってきていなければ、実行可能性は兎も角として、水際対策を最優先するのもありえる。

 ただ、国内で感染が広がっていれば、そんなことをしても意味はない。感染対策の目的は国内での流行を食い止め、死者を減らすことに変更すべきだ。


🔸 日本感染症学会などのまとめは?

「すでに国内にウイルスが入り込み街の中で散発的な流行が起きていてもおかしくない」

「感染例が多い高齢者と綿泳力の弱い人を守ることが重要」と舘田一博理事長が強調したのです。




(岡田晴恵教授)

新型肺炎」日本の対応の不備は?


🔸 厚生労働省は水際対策に力を入れているが、このような施策に意味があるのは、国内で感染が広まっていない場合に限られる。安倍晋三首相は、感染している人は入国を拒否するという方針を打ち出しているが、もし、すでに国内に新型コロナウイルスが蔓延しているのなら、このような対策は意味がない。


🔸 日本で水際対策が強化されたのは1月中旬だ。約1カ月間、無防備な状態であったことになる。相当数の感染者が日本国内に入ってきたと考えていいだろう。
新型コロナウイルスの感染力を考慮すれば、国内で多数の2次感染が生じたはずだ。


🔸 横浜港に停泊中のクルーズ船で検査結果が出た31人の乗船者のうち、10人から新型コロナウイルスが確認された。さらに10人、40人と増えた。
船内で広まったのだろう。この事実は、検疫に意味がないだけでなく、乗船者を不要なリスクにさらしていることを意味する。即刻やめるべきだ。

🔸 現在、厚労省新型コロナウイルスの検査を受けることができる人を、湖北省渡航歴がある人、あるいは湖北省渡航歴がある人と濃厚接触した人に限定されている。

このやり方では、今回確認されたタイ人夫婦は診断されない。


🔸 政府は「新型コロナウイルスの国内での流行は確認されていない」という趣旨の主張を繰り返しているが、これは不適切だ。正確には「検査をしていないので、どうなっているかわからない」と言うべきだ。


🔸 検査体制整備についても、政府の姿勢は不誠実だ。安倍晋三総理は、2月3日の衆院予算委員会で「民間機関との連携も視野に、簡易検査キットの開発にもすでに着手した」と答弁した。
喫緊にすべきは、現在の技術ですぐに検査できるような態勢整備だ。


🔸 厚労省に求められているのは、希望者すべてが検査できるように財源を用意することだ。具体的には保険診療に入れればいい。これには法改正は必要なく、厚労省内の中央社会保険医療協議会(中医協)の審議を経て、厚労大臣が決めればいい。

🔸 日本の新型コロナウイルス対策は問題が多い。いったん感染が確認されると、2週間も隔離され、就業を禁止される。いったい、いまの日本で2週間も家をあけ、仕事を休める人がどれだけいるだろうか。


🔸 チャーター便の帰国者(武漢から)は565人おりますが、」11人が「やむをえない事情」ですでに帰宅しているのです。(第1便:1人、第2便:8人、第3便:2人)

帰宅理由は明らかにしませんが、」確認は続けると、厚労省の担当者の言葉ですが、これが日本の弱さなのです。


「他の病気にかかったり持病が悪化したケースも考えられ、人道上の配慮と考えられる」
(岡田晴恵教授 談)


(逐次追記します。)

ダイアモンドプリンセス号の乗客は?

f:id:oyakudachi395:20200207112635p:plain


ダイアモンドプリンセス号の乗客は?

新型コロナウイルスに感染した香港の男性が、一時、乗船していたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で、新たに41人が検査の結果、感染していた事がわかった。
これでクルーズ船内での感染者はあわせて61人になる。

・乗船者:3711人(56の国と地域)

・乗客:2666人、乗員:1281人、

・検体採取:273人(症状あり・120人、濃厚接触者・153人)

273人から昨日まで「陽性者:20人」だったのですが、今日になって41人が増えたのです。

全員の検査は出来ないそうです。技術的にはできるが、なぜか実施していないのです。

「中国の湖北省から帰る方タイではないので全体について検査することは考えていない」厚労省・大坪寛子審議官)

🔸 「感染経路を追うのは困難」(厚生省):感染の連鎖や他の感染者が乗船している可能性もあり分からない。とのことであった!

「クルーズ船の場合・共用部分が多い、船の揺れで“トイレ”も危ない、バイキング方式だった、娯楽施設も多いので濃厚接触が多発していることが考えられる」(岡田教授)





ネットの皆さんは?

🔸 メモ「政府は「新型コロナウイルスの国内での流行は確認されていない」という趣旨の主張を繰り返しているが、これは不適切だ。正確には「検査をしていないので、どうなっているかわからない」と言うべきだ。」 「新型肺炎「日本の対応」は不備だらけの大問題」


🔸 支援食品、在留邦人に届かず 日本側不備で中国税関拒否 新型肺炎時事通信) 日本政府が現地の在留邦人に届けようとした支援食品の受け入れを、中国の税関当局が拒んでいた!日本から輸入する一部食品に証明書がない食品も混在していた為


🔸 新型肺炎「日本の対応」は不備だらけの大問題 すごく正しく適切な内容 これだけ水際対策が後手後手で、検査条件を湖北省縛りにして国民に検査を受けさせず、感染者数を増やさないことに必死な安倍政権。今回こそ退陣させなければマジで日本は終わる


🔸 新型肺炎「日本の対応」は不備だらけの大問題   //なんでも批判したがる、反安倍陣営の記事?感染が疑われてから1か月、それを隠した中国共産党と中国に追随するような言動を繰り返すWHOが、世界に感染を広げた張本人。日本政府は、当初の限られた情報の中でよくやっていた。


🔸 日本で既に #新型コロナウイルス が蔓延している可能性があります。国内で二次・三次感染情報が殆ど無いのは武漢への渡航歴や濃厚接触者で症状のある人しか検査対象になっていない為で非常に危険です。引き続き「うがい・手洗い・マスク」を徹底し人混みも避けましょう。


まとめ

いかがでしたか?

これほどに「日本の対応不備」が叫ばれるのは“意外”としか言いようがありません?

記事の中には、中国の対応が“評価”されているものもあり、比較して日本は(?)となりますが、今後の「新型肺炎」の拡散が心配されます。



関連記事は以下にもあります。



⇒500万人の武漢市民の逃避説と行方は?訪日9000人の行方がヤバイ?
の記事はコチラ

⇒指定感染症の指定で何が変わるのか?生活への影響は?日本人初の罹患者は?
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。