マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

#ビートたけし の再婚相手「オネーチャン」の名前・画像が判明?出会いは?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200208110058p:plain


たけし再婚、お相手A子さんは著書に登場18歳年下「オネーチャン」 タレントのビートたけし(73)が18歳年下のパートナー女性・A子さんと再婚したことが7日、分かった。


スポニチ本紙の取材では、この日までに都内の区役所に婚姻届を提出している

昨年5月に長く別居していた前夫人・幹子さん(68)との離婚が成立した。

A子さんとは8年前から交際してきた。現在ではマネジメント業務も任せており、公私両面のパートナーとなった。

ここでは、ビートたけしの再婚相手の名前・画像・馴れ初めに迫ってみました。


ビートたけしさんのWiki経歴



f:id:oyakudachi395:20200208110137p:plain

◆ 名前:ビートたけし

◆ 本名:北野 武(きたのたけし)
 
◆ ニックネーム:たけちゃん、たけし、殿、世界のキタノ、

◆ 別名義:北野武マス北野

◆ 生年月日:1947年1月19日(73歳)

◆ 出身地:東京都足立区島根

◆ 血液型:O型

◆ 身長:168㎝

◆ 学歴:明治大学工学部(現:理工学部)機械工学科除籍(のちに特別卒業認定)

◆ 職業:お笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、脚本家、歌手、編集家,

◆ 相方:ビートきよし

◆ 芸風:漫才

◆ 活動期間:1972年~

◆ 事務所:ライト企画→フリー→吉川事務所→太田プロダクション→オフィス北野→フリー→T.Nゴン

ビートたけしの経歴

・塗装職人の父・北野菊次郎(1899年- 1979年)と、母・北野さき(1904年- 1999年)の四男(幼少時に早逝した兄が一人いるため、実質は三男として育つ)として生まれ、「竹のようにどんなものにも耐えてすくすく伸びてほしい」との願いから、「武(たけし)」と命名された。


・足立区立梅島第一小学校に入学。教育熱心だった母の薫陶が功を奏し成績は優秀で、特に算数と図画工作が得意だった。

・1972年(昭和47年)夏、浅草のストリップ劇場・浅草フランス座で、芸人見習い志願としてエレベーターボーイを始める。

・紆余曲折の後、2人はコンビ名を「ツービート (two beat)」へと変更し、たけしは「ビートたけし」、兼子は「ビートきよし」を芸名とした。

・1979年(昭和54年)、女流漫才師「ミキ&ミチ」の内海ミキと結婚。犬吠埼(千葉県)にて新婚旅行[12]、亀有のアパートで生活を始める。

・1980年(昭和55年)、「マンザイブーム」(旧来の“漫才”と区別される為にカタカナ表記)が起こり、ツービートは毒舌漫才と毒舌ネタを売り物に、B&Bザ・ぼんち等と共に一躍知名度を上げた。

タモリ明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。

・1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いでツービートは人気を獲得。

・、『THE MANZAI』『オレたちひょうきん族』(共にフジテレビ)などに出演し番組が大ヒット、一般人、芸能人問わず未だに発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人。

・1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。

キタノたけしの【受賞歴(抜粋)】

🔸 1990年:トリノ国際映画祭 特別賞、 日本映画監督協会新人奨励賞

🔸 1999年: 芸術文化勲章 シュヴァリエ(騎士)[

🔸  2016年 レジオン・ドヌール勲章 オフィシエ(将校)

🔸  2018年 旭日小綬章


キタノたけしの【レギュラー番組(抜粋)】

ビートたけしのTVタックルテレビ朝日系列 / 日曜 11:55 - 12:55)

世界まる見え!テレビ特捜部日本テレビ系列 / 月曜 19:56 - 21:00)

• 名医とつながる!たけしの家庭の医学(テレビ朝日系列 / 火曜 20:00 - 20:54)

ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリバボー(フジテレビ系列 / 木曜日 19:57 - 21:00)

たけしのニッポンのミカタ!(テレビ東京系列 / 金曜 22:00 - 22:54)

• 新・情報7DAYS ニュースキャスター(TBS系列 / 土曜 22:00 - 23:24

その他「ビートたけしの・・・・」のタイトルで多数のテレビ局に出演しております。

ビートたけしの再婚相手「オネーチャン」の名前・画像は?

ビートたけしさんは、自身の著した本「ビートたけしのオンナ論」で“オネーチャン”と呼んでいた人物がお相手で、その名は「横井喜代子」と言われておりました。

🔸 名前:横井喜代子(よこいきよこ・仮名?)

🔸 年齢:55歳

🔸 出会い:2013年1月・西麻生のバー(松尾雄治・元ラグビー日本代表経営)で出会った。

🔸 出身:熊本県

🔸 職業:元銀座のホステス

🔸 現在:ホテルの広報担当

🔸 家族:父・元県会議員、

🔸 人柄:「いい加減な人」(仕事関係者の言)



ネーチャンと呼ばれる理由と画像は?

ビートたけしさんの独特の説明は以下のようで面白いのです。

「“愛人と言われても困るんだよ!だって,勃(た)たないんだから”」

「自宅に帰らないんじゃなくて、要は居心地のいい方に帰ってるんだ。それがたまたまオネーチャンの家ってだけでね」

と表現しており、」名前についてはネットで「横井喜代子」と言われております。

画像も出ております。


f:id:oyakudachi395:20200208110219p:plain


ネットの皆さんは?

🔸 昨年離婚して8年交際した相手と再婚 不倫はまったく叩かれず 「刀だせ!」の恫喝は報道されず 大物芸能人として重宝される もしや上級国民なんじゃね? だからテレビで観たくないのか


🔸  73歳にもなって、しかも結婚生活の酸いも甘いも知ってる人のに、なお結婚したいと思わせる女ってどんななんだろう…知りたい…


🔸 東出昌大を上回る不倫で、典型的な後妻業で、しかもたけしの仕事に口を出してオフィス北野を崩壊させるとか悪妻も良い所。 僕は東出昌大よりも遥かに悪質で嫌悪感を感じるけど、世間の反応はまるで逆。本当に適当だなと思う。


🔸 ビートたけし、再婚かぁ。離婚せず8年不倫だけど、もともと奥さんとはそのかなり前から別居されてるし、奥さんも十分貰えるものは貰えたし、お子さんもいるし、もういいんじゃない?と思ってしまう。それを隠してもなかったしな。


🔸 たけしさんは好きな人と再婚出来て 元奥さんは慰謝料で悠々自適に過ごせて 新しい奥さんは遺産が手に入って WIN-WINならぬWIN-WIN-WINですね。



まとめ

いかがでしたか?

ビートたけしさんの再婚相手の名前が、横井喜代子さんですが“仮名”との情報もありました。

あくまでもネット上の情報ですが、判明次第追記します。

ネットの皆さんは、比較的“肯定的”に捉えており、ビートたけしさんの人徳のように思います。

最高齢再婚ですが、これから年老いていくにあたって“伴侶”が必要になっています。

“おめでとう”と言った差し上げましょう!




関連記事は以下にもあります。



⇒中国 日本の人気観光地が変化?春節連休で新型肺炎がヤバイ!避けるが勝ち?
の記事はコチラ

⇒小泉進次郎・滝川クリステル夫妻の長男の名前は「道之助」!名前の由来は?
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。