マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

水谷信二(和牛・M-1準優勝)のWiki経歴と彼女は?“DMナンパ”がヤバイ?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。


f:id:oyakudachi395:20200215210931p:plain


和牛といえば,今や漫才ライブではチケットは即完売で女性人気がとても高い お笑い芸人です。


そんな中、恐れおののいているとウワサされるのは、ボケを務める水田信二さん。

ネット上では水田がツイッターのDMで女性ファンにメッセージを送るスクリーンショットが拡散されており、そこには出会いの約束を取り付け、実際に食事に行く生々しいやり取りが収められていたのだ。

さらに、別の流出画像では、《お寿司おごってもらった!》と水田との2ショットをアップした若い女性の画像も。

これにより、ネット上は「水田が女性ファンに手を出している」とプチ炎上し、「和牛」は大きくイメージダウンすることとなった。

はたして“本当の噂”なのでしょうか?

ここでは、水田 信二のWiki経歴と“DMナンパ”の実態に迫ってみました。


水田信二さんのWiki経歴


f:id:oyakudachi395:20200215211036p:plain

◆ 名前:水田信二(みずたしんじ)

◆ 生年月日:1980年4月15日(39歳)

◆ 出身地:愛媛県伊予市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:168㎝

◆ 学歴:愛媛県立伊予高等学校卒業、 神戸国際調理師専門学校卒業

◆ 職業:お笑い芸人、俳優

◆ ジャンル:漫才、コント、

◆ コンビ名:和牛

◆ 相方:川西賢志郎

◆ 活動期間:2004年~

◆ 配偶者:未婚

◆ 趣味:料理、サッカー、フットサル、家電量販店巡り、漫画鑑賞、音楽鑑賞、ドラマ鑑賞、食べ歩きと多彩。

◆ 事務所:吉本興業

◆ TW/Insta
https://twitter.com/wagyunomizuta
https://www.instagram.com/mizuta_shinji/  

水谷信二さんの経歴

・父、母、姉、兄の5人家族。父親は愛媛県伊予市議会議員

・お笑い芸人になりたいと意識したのは中学2年生の時。

・芸人になったことを親に黙っていたが、偶然テレビに出ている場面を親が目撃したことで芸人であったことがバレた。

・調理師免許取得後、大阪の和食店・神戸の有名洋食店で計7年間修行した経験を持つ元料理人で、創作料理も作れる腕前から料理芸人としても活動。

・2006年:「和牛」結成

f:id:oyakudachi395:20200215211423p:plain


・2018年8月 愛媛県伊予観光大使いよかん大使)に就任。



水谷信二のDMナンパは?

「和牛」のボケを務める水田信二さんですが、ネット上では水田がツイッターのDMで女性ファンにメッセージを送るスクリーンショットが拡散されており、そこには出会いの約束を取り付け、実際に食事に行く生々しいやり取りが収められていたのだ。

さらに、別の流出画像では、《お寿司おごってもらった!》と水田との2ショットをアップした若い女性の画像も。

2017年のことで、“ファンに手を出したこと”がTwのDMをファンにさらされてしまったのです。

和牛はファンのことを“仔牛”と呼んでいるようで、

一つは「お忙しい中、ごちそうさまでした!」というもので“食事をご馳走”したもの、

二つ目は、「他の人にも送っているわけではないので・・」と言い、他にもDMが流出しているため女性にうそをついていたようです。

三つめは、「お寿司奢ってもらった!」とツーショット画像でした。これに水谷さんは起こったらしいです。

四つ目は、「先ほど声かけてクラタ人ですか?」

と聞き、どうも複数の女性とやり取りしているようです。

この状況に“ファンは怒った”ようです。

実際のところは“どこまで関係が発展したか?”は分かっておりません?


お笑いライターさんの情報では、

「『M-1』で盛り上がった昨年末に話題になった水田のナンパですが、最初に流出して話題になったのは2017年。

水田が食事より先の〝肉体関係〟に及んだかは定かではありませんが、もしそうした行為があった場合、板尾のようにスキャンダルとして報じられるかもしれませんね。

『文春』の告発記事によると、板尾がDMナンパの末に強制わいせつ行為に及んだのは2018年。

数年前の話題でも十分〝不祥事〟にはなり得ますから、水田は今ごろ『自分にも波及しないか』と焦っているでしょう」

「文春砲」の威力を侮ってはいけませんね?


まとめ

いかがでしたか?

M-1入省で、一躍人気者になって女性にもモテて青春を謳歌しているようですが、

DMあ晒されて、慌てていることでしょう!

この世界の“厳しさ”を吟味されることを願います。


関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!
の記事はコチラ

⇒新型肺炎 日本国内の初の”死者”がでた!感染爆発が始まり「新段階」に至った!?
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。