マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

酒井莉加(立川志らくの嫁)不倫相手は弟子の「立川うおるたー」画像もが判明?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。



f:id:oyakudachi395:20200305100213p:plain

志らくと言えば、月曜から金曜まで情報番組「グッとラック!」の司会を務め、“TBSの朝の顔”となっているので有名な落語家です。

志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」で報じられました。

 酒井は18歳の頃から3人組のアイドルグループ「リンクリンクリンク」で活動しており、

2002年に志らくさんが監督を務めた映画「SF小町」への出演がきっかけで、2006年に結婚した。

ここでは、志らくさん・酒井莉加さんの紹介と不倫行動に迫ってみました。



志らくさんのWiki経歴

f:id:oyakudachi395:20200305100301p:plain


◆ 名前:立川志らく(たちかわしらく)
 
◆ 本名:新間一弘(しんまかずひろ)

◆ 生年月日:1963年8月16日(56歳)

◆ 出身地:東京都世田谷区

◆ 血液型:O型

◆ 身長:186㎝

◆ 学歴:日大三高日本大学芸術学部演劇学科(中退)

◆ 師匠:立川談志

◆ 職業:落語家、映画評論家、映画監督、コメンテーター。落語立川流

◆ 活動期間:1985年~

◆ 家族:バツイチ。現在の妻は女優の酒井莉加(2006年結婚)

◆ 事務所:落語立川流ワタナベエンターテインメント(マネジメント)

立川志らくの経歴

・父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画を好きになる。

・落語については、小学校高学年の頃から父親が落語好きで家にあった落語の本とレコードで親しみ始めたという。

・1985年10月、4年生の時、同サークルのOB高田文夫の紹介で7代目立川談志に入門し、前座名立川志らく(師匠の談志がフランスの政治家、ジャック・シラクにちなんで命名したという。

・2001年彩の国落語大賞受賞。

・2003年より劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動している。2014年現在まで16回の公演を数えている。

・2011年11月、こしらと志ら乃の真打昇進が決定(談志の孫弟子では初めて。


酒井莉加さんさんのWiki経歴

f:id:oyakudachi395:20200305100326p:plain


◆ 名前:酒井莉加(さかいりか)

◆ 生年月日:1981年5月26日(38歳)

◆ 出身地:兵庫県神戸市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:165㎝

◆ 職業:演出家

◆ 家族:夫(立川志らく)、長女(小弓)、次女(雪菜)


酒井莉加さんの経歴

・3~5歳まで大阪の児童劇団所属

・15歳で東京事務所に所属し、上京。

・15歳で上京したという事で高校に通いながら芸能活動をされて18歳で・・・Link Link Linkのメンバーとしてデビュー!

・2003年:劇団「下町ダニーローズ」を設立し、アイドルから女優へと転身。

・2006年:立川志らくと結婚。当時25歳だった。

志らくとの馴れ初めは、映画「SF小町」で志らくが監督だった。

・酒井さんは、韓国のハーフと公表しております。


酒井里加さんの不倫相手と行動は?

2月中旬のある夜。酒井さんは愛車の助手席で酒を飲んでいたそうです。

運転席には、若い志らくさんの弟子がいたのです。

しばらく談笑した後、おもむろにシートを倒し、抱き合い唇を重ねたのです。

コンビニの駐車場だったので、人目が気になり車を出し駐車場を転々とし自宅の車庫にたどり着き“熱いハグ”をして別れたそうです。


不倫相手は、25歳の弟子(休業中)「立川うおるたー」さんと言われていますが、実は過去にも莉加さんは別のお弟子さんと不倫関係にあったことがあるのです。

二人は、連日連夜の王に逢瀬を重ねたのです。自宅に弟子がお泊りするも、師匠が帰宅する直前に家を出るそうです。

今や二人は公然の秘密で、子供を連れてランチに行くなど夫婦同然の関係のようです。
f:id:oyakudachi395:20200305153117p:plain



酒井莉加さんの以前の不倫と言い訳は?

酒井さんは以前(4年前、2016年頃のこと)にも不倫がバレて、そのお弟子さんと志師匠とはトラブルがあり、お弟子さんは破門になったのだそうです。

弟子はその後、精神を病み、消息不明になった。


今回の不倫騒動で酒井さんは、

「私は酔っぱらって、チューとかハグしちゃう。交際関係もなくそういうことしちゃう私の頭がおかしいんです」

と発言しております。

また志らくさんは、

「劇団員で用心棒。ひとりでいると危ないんで、いつも弟子を一人つけている」

「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」


酒井莉加の不倫は師匠(志らく)の公認だった?(3月12日 追記)

志らくさんは、1億パーセント離婚はないと酒井夫人をかばっておりますが、この”男気”に疑問の声が弟子たちから上がっているのです。

実は、酒井夫人の浮気を認識していたというのです。

酒井は、弟子たちを「ホテルに行こう」と何度も誘っているのです。

弟子たちの間では、公知の事実として語られていたのです。

酒井は志らくも知っていて、理解している」と公言していたのです。

さらに志らくには、「二人で話してくる」と告げており、弟子からの告発にも何度も怒りを爆発させて”破門”させているのです。

志らくは酒井夫人を何度も口説いてやっと手に入れており、頭が上がらない状態だと言います。

酒井莉加とのLINEのやり取りがヤバイ!(3月18日 追記)

酒井が一夜を共にした3日後、酒井は「Bさんのことが好き!」と告白していた。

翌日は、「明日も一緒にいてください。」

3日後は、「そのまま泊りましょう!日曜日、着替え持ってきてね~!お休み~!」

ただ、この日は酒井の誘いを何とかかわしたBさん!

次の日の深夜、酒井は愚痴をこぼしたのです。

志らくを支えるのは疲れた!助けて~!」

その後、志らくから

「かみさんとどうなってんだ!」
と叱られた!

という、なんとも生々しいやり取りです。

こんな状況からは、Bさんの方が被害者と受け取られているのです。

まとめ

いかがでしたか?

過去にも“不倫”が発覚しており、「文春砲」を浴びて今度はどのように推移するのかは、

予断を許さない状況です。

目が離せませんね!




関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!
の記事はコチラ


⇒新型コロナウイルスから「自分の身を守る」8つの新常識のまとめ!
の記事はコチラ


最後までお読みいただきありがとうございます。