マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

志村けんがコロナ感染し人工心肺装着?病状・濃厚接触者が気になる?芸能界引退の噂も?

スポンサーリンク

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

f:id:oyakudachi395:20200329102330p:plain

所属事務所によると、志村けんさんが、
3月17日に新型コロナを発症。

呼吸障害や全身の倦怠感を訴え、
東京・港区の病院に搬送され、23日に陽性反応が出た。


翌24日には人工心肺装置が必要と判断され、
新宿区の病院に転院。


現在もICU(集中治療室)で闘病を続けている。


志村けんが芸能界から正式に引退へ!!」


との噂も飛び出し、事態は“緊迫”してきた!


ここでは、志村けんさんの病状と濃厚接触者と
事務所の裏事情
に迫ってみました。

志村けんさんの病状は?

関係死者の表現では、

「所属事務所は大ごとにしたくないので、
具体的な症状は一切公表していませんが、


伝えられているより容態は深刻


重度の肺炎を発症し、陽性反応が出た23日は
一時重篤な状態に陥ったそうです。


新宿区の病院に転院したのも、
人工呼吸器の出力をマックスにすると、


肺に大きな負担がかかり、
志村さんの体力が“持たない”と判断されたため。


転院先では人工心肺装置『ECMO(エクモ)』
を装着しているそうです」

ECMOは機能が低下した肺を人工肺で補う装置。
首や足の付け根から太い管を入れ、
血液を体の外へ吸引し、
人工肺で血液に酸素を取り込ませ、体内へ戻す。


重症肺炎により肺での酸素の取り込みが
できなくなった患者に用いられ、
自分の肺の機能が回復するまで、
人工肺が肺の機能の代わりを担う。


「人工心肺装置」を装着する患者は、
最高位の“重篤”の場合であり、最後の処置なのです。


日本集中治療医学会や日本救急医学会
調査によると、3月11日時点で少なくとも23人が
ECMO治療を行い、うち12人が治療を終えて回復。
亡くなった患者はいない。


「重要なのは志村さんの免疫力や回復力です
と、医療関係者は語るのです。


志村は長年タバコを吸い、
お酒も浴びるように飲んできた。


ここ数年は健康に気を付けるようになって
いたというが、それでも体に蓄積したダメージは残っている。


先月には下血症状がみられ、
胃のポリープの切除手術を行ったことも明かしていた。


「術後、免疫力が弱っていたところにコロナが
侵入すればひとたまりもない。


志村さんのレントゲン写真には肺に広範囲に
わたって白い影が確認された。医師も絶句したと聞いている」



志村けんさんとの濃厚接触者は?

芸能関係者の話では、

「すでに志村と直近2週間で“濃厚接触”した人物は
特定されているが、アナウンスされないのは感染ルートだ。


仮に感染場所を断定的に報じた場合、
当該箇所に甚大な経済的被害が出るため、
マスコミは知っていても、それを報じない傾向にある。」


というのです。


🔸 新型コロナの影響で飲食店は閑古鳥が鳴いている。

  ここ最近はコロナで経営が苦しい馴染みの店を
  はしごで回って、ハイペースでお金を落としていたそうです。


🔸 複数の感染者が銀座や六本木の高級クラブなど
  を利用していたことが調査で判明。
  志村さんも同様ではないかと思われているのです。


🔸 志村さんは“売れっ子“で、テレビの打ち合わせなどもあったはずです。

・「今あいつ何してる?」・・テレビ朝日

f:id:oyakudachi395:20200329103651p:plain


・「志村けんのだいじょうぶだ~」・・フジテレビ

f:id:oyakudachi395:20200329103704p:plain


・「志村でナイト」・・日本テレビ

f:id:oyakudachi395:20200329103717p:plain


等々、多数の“濃厚接触者”が想定されます。

このことで、多数の“クラスター”が判明すると大騒ぎになるのです。


志村けんさんのWiki経歴



f:id:oyakudachi395:20200329102631p:plain

◆ 名前:志村けん(しむらけん)
 
◆ 本名:志村康徳(しむらやすのり)

◆ ニックネーム:けんちゃん、しむけん、ケン坊、けん、

◆ 生年月日:1950年2月20日(70歳)

◆ 出身地:東京都北多摩郡東村山町

◆ 血液型:A型

◆ 身長:166㎝

◆ 学歴:東京都立東久留米総合高等学校

◆ 職業:コメディアン、お笑いタレント、司会者。

◆ グループ名:ザ・ドリフターズ

◆ 芸風:コント・喜劇

◆ 活動期間:1972年~

◆ 事務所:イザワオフィス

志村けんの経歴

・1950年2月20日、小学校教諭だった父・憲司(けんじ)
と母・和子(かずこ)の三男として
東京都北多摩郡東村山町(現:東京都東村山市)に生まれる。


・二人の兄たち(長男の知之と次男の美佐男)が
大学を卒業して公務員になったのと対照的に、
末っ子の彼だけが後述の通り全く異なる人生を歩むこととなった。


 なお、芸名の「けん」は父親の名前から取ったものである。


・1968年2月、高校卒業間際にいかりや長介
家へ直接押しかけ、弟子入りを志願する。


・1972年、22歳の時に井山淳とお笑いコンビ・
マックボンボン」を結成し、
「志村健」の芸名で芸能界デビュー。


・1973年12月に「メンバー見習い」の扱いで、
志村けん」に改名した上でドリフに加入する


・転機となったのは、『8時だョ!全員集合』の
「少年少女合唱隊」のコーナーで「東村山音頭
を歌ったことで、これにより一躍人気者となる。


・1985年に『全員集合』が終了。1986年に
加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタート。
加藤がボケで、志村がツッコミを担当する。


・その後、自身をメイン出演者とした初の冠番組
志村けんの失礼しまぁーす!』、
志村けんのだいじょうぶだぁ』(現在は単発不定期で放送中)、
現在も続く『志村けんのバカ殿様』などで、


 ドリフメンバー以外(田代まさし松本典子
桑野信義石野陽子ダチョウ倶楽部)との活動が多くなる。

 この頃から「変なおじさん」に代表される、
ドリフとは一線を画した独自のコントスタイルを
確立し、第2の人気ピークとなる。


・現在の代表番組

   🔸レギュラー番組・・天才!志村どうぶつ園、志村でナイト

   🔸スペシャル番組・・志村けんのバカ殿様志村けんのだいじょうぶだぁ
             6人の村人!全員集合

志村けんさんが逝去した!(3月30日 追記)

f:id:oyakudachi395:20200330172252p:plain


3月29日午後11時10分、志村けん(享年70)が

新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で逝去した

3月27日、志村けんの実兄・志村知之氏(73)は、

「日本中が知っている人間ですからね。

いつもがんばっているなと。早く回復して元気になってほしい。

すぐにでも会いに行きたいよ……」

と語っていた。

「残念です。その一言です。70歳ですから……。
すみません……。

最期の本人とは会えていません。

最後会ったのは、2月25日に麻布十番で身内だけで

古希の祝いをやったんです。そのときが最後でした。

そのときは喜んでいたんですけどね」





まとめ

いかがでしたか?

一日も早く、元気な姿を見せてほしいものです。

売れっ子の志村さんの“濃厚接触者”が気になります。

いまとなっては、祈るばかりです。




関連記事は以下にもあります。



⇒の記事はコチラ

⇒の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。