マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

田口一成社長のWiki経歴と家族は?ボーダレス・ジャパン(株)の方針が評判!

スポンサーリンク

f:id:oyakudachi395:20200418112938p:plain

株式会社ボーダレス・ジャパンの創業者であり
代表取締役社長の、田口一成さんが、
2020年4月16日(木)のカンブリア宮殿
出演されました。

その経歴や学歴、ビジネスがすごいと話題
となっております。

ここでは、田口一成氏のWiki経歴とビジネスの
概要と経営理念
に迫ってみました。



田口一成さんのWiki経歴

f:id:oyakudachi395:20200418113000p:plain

◆ 名前:田口一成(たぐちかずなり)

◆ 生年月日:1980年12月?日(39歳)

◆ 出身地:福岡県

◆ 学歴:早稲田大学商学部

◆ 職業:会社起業家(株式会社ボーダレス・ジャパン代表取締役社長)

◆ 特異なスポーツ:サッカー

座右の銘:清廉潔白

SNS:FB/TW

https://www.facebook.com/kazunari.taguchi
https://twitter.com/taguchikazunari


田口一成さんの経歴

・1980年4月、三人兄弟の長男として生まれ
 ました。


・幼い頃は人前でまったく動かなかった
 そうで、畳一畳あれば十分ということで
 「一畳男」なんて呼ばれていたそうです。

早稲田大学在学中は、全然授業に出ず
 に仲間と朝までお酒、哲学や経済を熱く
 語り合う、いたって大学生らしい生活

・ある時、テレビでアフリカの子供が
 栄養失調になっている姿を見て衝撃を
 受けた田口さん

・大学時代に、ドキュメンタリー番組で、飢餓から
 お腹を膨らませている子供を見て、衝撃を受けた!

 「貧困で苦しんでいる人を助ける仕事を
  しよう。これなら、自分の人生をかける
  価値がある。”」

 と、19歳で決意しました。


・その後、休学してアメリカに1年留学。
 シアトルの「University of Washington」
 です。

・帰国後は、
『株式会社ミスミ』に就職します。
 ミスミの面接で出会ったのが、
 ボーダレスジャパンの鈴木雅剛さんでした。


・25歳のときに、
 有限会社ボーダーレス・ジャパンを創業
 しました。


(株)ボーダーレス・ジャパンとは?

f:id:oyakudachi395:20200418113926p:plain


「ソーシャルビジネスで世界を変える」

「貧困問題」・「環境問題」・「差別問題」
・「偏見」・「濃厚放棄地問題」などの
社会問題を解決する事業「ソーシャルビジネス」
を通じてよりよい社会を築いていくことが理念
としております。

もう少し簡潔に言うと、

ビジネスで社会問題を解決する

という会社です!

社長は、「社会問題を仕事にする若き革命児」
とも呼ばれているのです。

グループ企業35事業を手掛けているのです。

中途採用のホームページには

「募集要項はありません」

という今までにない柔軟かつ大胆な発想も
兼ね備えている。

公式ホームページ:
https://www.borderless-japan.com/


ちなみに、田口一成さんは日経ビジネス
世界を動かす50人に選ばれています!

年商は、約54億円だそうで、田口社長の年収は、
2~3千万円ほど?

社員の年収は240~515万円ほど?

「やりたいことが出来る会社」をもとめて、
大学卒の応募が後を絶たないのです。


ボーダーレス・ジャパンルールは?

f:id:oyakudachi395:20200418114011p:plain

・出資額を超える株主配当は一切しない。

・経営者の収入は一番低い社員の給料の7倍以内。

・利益は社員の福利厚生と新事業の投資のみ
 にしか使えない。

格差社会を作らないという理念なのです。


2020年4月入社した新入社員に、1,000万円の
通帳を渡し、3人一組でやりたいことを
やってみろ!のスタンスです。
給料もこの中からということです。


田口一成さんの家族は?


奥さんは、専業主婦で3人のお子さんや画像は
ありませんでした。

‘19年の時点で、長男:12歳、長女:9歳、次男:6歳
の3人です。

子育てについては、

・人生を楽しむ力をつけること、

・物事についていい面を見つけられること

を心掛けているそうで、ポジティブシンキングという
力を身に着けることを大事にしているそうです。


村上龍カンブリア宮殿MC)の感想は?

f:id:oyakudachi395:20200418113951p:plain

<前進に価値がある>

「誰もが明日を行きたいという社会に、」
「すべての子供たちが、自らの手で明日を描ける社会を」
「世界中の人がチャレンジできる社会に」
「すべての人に希望とワクワクを」

ボーダーレスに集まっている人々は、本気で
そんなことを思っている。総じて若い。

田口さんと話しても、微妙な違和感が残ったが、
世代の違いとはそういうものだ。

「世界から貧困をなくす」ために働くが、
自分たちはごく普通でいい。

社会起業家のプロットフォームが出来ている。
彼らは少しづつ前進するだろう。
その前進に勝ちがある、と私は思う。


まとめ

いかがでしたか?

田口一成氏は、若くして、起業し大成功を
収めております。

ボーダーレス・ジャパンの経営理念が異質です。

「ビジネスで社会問題を解決する」

を実践し着々と成果を上げております。

若者にも人気があり、今後の成長・進化から
目が離せません!




関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!の記事はコチラ

⇒西浦博教授のWiki経歴は?「新型コロナで42万人死亡」が脅威?の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。