マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

尾身茂氏(専門家会議・副座長)のWiki経歴と家族は?経歴がスゴイ?

スポンサーリンク

f:id:oyakudachi395:20200501215524p:plain

政府の新型コロナウイルス感染症対策
専門家会議が5月1日、開かれ、これまでの
緊急事態宣言下での取り組みへの評価と
今後の見通しを検討した。

「現時点では、オーバーシュートを逃れ、
新規感染者数は減少傾向に転じるという
一定の成果があった」

と評価した上で、長丁場を覚悟することが
必要としている。

ここでは、尾身茂副座長のWiki経歴と家族、
「緊急事態宣言」継続の基となった会見要旨
に迫ってみました。




尾身茂副座長のWiki経歴

f:id:oyakudachi395:20200501215617p:plain

◆ 名前:尾身 茂(おみしげる

◆ 生年月日:1949年6月11日(70歳)

◆ 出身地:東京都

◆ 学歴:慶應義塾大学法学部中途退学
自治医科大学医学部卒業

◆ 職業:医師、医者、厚生官僚、国際公務員
     地域医療機能推進機構理事長


尾身茂氏の経歴

・東京都出身の医師であり、地域医療、
感染症、国際保健などを専門とする
医学者でもある。

自治医科大学卒業後、地域医療の現場で
医師として活動したのち、厚生省を経て
世界保健機関に入る。

・西太平洋地域での急性灰白髄炎の根絶
に成功し、西太平洋地域事務局の
事務局長に就任する。

厚生労働省顧問、名誉世界保健機関
(WHO) 西太平洋地域事務局長、
自治医科大学名誉教授、内閣府
野口英世アフリカ賞」委員会委員、
NPO法人「全世代」代表理事といった
各種役職も兼任した。

・2019年の新型コロナウイルス感染症の 流行
にともない、
新型コロナウイルス感染症対策本部
の下に新設された
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議
の副座長を務めた。

また、新型インフルエンザ等対策閣僚会議の
新型インフルエンザ等対策有識者会議に
おいては会長を務め、基本的対処方針等諮問委員会
の委員長も兼務していたことから、
新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言
の妥当性について
新型インフルエンザ等対策特別措置法
に基づき審議した。

・全国に57の病院を持つ独立行政法人
地域医療機能推進機構」(JCHO)の理事長として
日本の地域医療の向上に取り組んでいます。

また、NPO法人「全世代」を立ち上げ、医療を
超えた社会問題にも様々な提言を行っています。

新型コロナウイルス感染症対策の
状況分析・提言」は?

f:id:oyakudachi395:20200501215643p:plain

報告の要旨は、

🔸 日本国内の感染の状況については、
「今のところ諸外国のような、オーバーシュート
(爆発的患者急増)は見られていないが、
都市部を中心にクラスター感染が次々と
報告され、感染者数が急増している。

🔸そうした中、医療供給体制が逼迫しつつ
ある地域が出てきており医療供給体制の
強化が喫緊の課題となっている。」

とされています。
🔸また、海外の状況については、
「欧州や米国では感染が爆発的に拡大し、
世界の状況はより厳しいものとなっている。」
とされています。

🔸地域ごとのまん延の状況を判断する際に
考慮すべき指標等として、

1.新規確定患者数、
2.リンクが不明な新規確定患者数、
3.帰国者・接触者外来の受診者数

などが具体的に示されました。

🔸その上で、「感染拡大警戒地域」、
「感染確認地域」及び「感染未確認地域」
の3つの地域区分ごとに、基本的な考え方や
想定される対応などが示されました。

🔸学校については、
「地域や生活圏ごとのまん延の状況を踏まえて
いくことが重要である」とされた上で、
「感染拡大警戒地域」においては、
「その地域内の学校の一斉臨時休業も選択肢
として検討すべきである」
とされています。

🔸このほか、提言においては、「3つの密」
を避けるための取組の徹底や、自分が患者に
なったときの受診行動などについて指摘されて
います。

🔸また、重症者を優先した医療提供体制の
確保の必要性についても指摘されています。

詳細は以下です。

⇒「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000617992.pdf



尾身茂氏の家族は?

著名人ですが、詳細は不明でした。

お子さんは、長男、長女さん(5つ違いか?)
がいるようです。

年齢を計算すると、2020年3月現在、
息子は大学生・娘は中学生に成長している
と思われます。

奥さんに関する情報はありませんでした。

ご自宅は、日本とフィリピンにあるようです。

世界保健機関西太平洋地域事務局が
フィリピンにある関係だとみられます。


まとめ

いかがでしたか?

尾身茂副座長の経歴は凄いものがあります。

家族については情報がありませんでした。




関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!の記事はコチラ

⇒ニッコー(株)の評判が脅威だ!液体ガラスとは?塩田社長の発想がヤバイ?の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。