マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

新型コロナ感染は第2波の死亡率が高いのはなぜか?スペイン風邪に学ぶ?

スポンサーリンク

f:id:oyakudachi395:20200601110127p:plain


新型コロナ感染で緊急事態が解除され“やれやれ”
と思ったのもつかの間!第2波がやってくる。

第2回の流行が最も死亡率が高いとし、
第3回は残存する未感染地域の地方や郡部が
主だとしている。

なぜ、第2波が“死亡率が高い”のでしょうか?

ここでは、
「新型コロナの第2波が死亡率が高いわけは?」
に迫ってみました。



感染症で第2波の死亡率の高い例は?

f:id:oyakudachi395:20200601110551p:plain



第一回流行(1918.8-1919.7)
感染者:2116万人 死者:25万7000人 死亡率:1.22%

第二回流行(1919.10-1920.7)
感染者:241万人 死者:12万8000人 死亡率:5.29%

第三回流行(1920.8-1921.7)
感染者:22万人 死者:3600人 死亡率:1.65%


この数字を見る限り、第1回流行での感染者が
圧倒的に多いが、死亡率は1.2%強。

遅れてやってきた第2回流行では感染者数は
第1回の10分の1程度だが致死率は
約4~5倍の5.3%弱にも及ぶ。

第1回の流行では感染せず、免疫を獲得できなかった者が、
第2回の流行で直撃を受け、重症化し死に至った
ことが推測される数字となっている

なぜ、第2波の死亡率が高いのか?

第1回の流行では感染せず、免疫を獲得
できなかった者が、第2回の流行で直撃を受け、
重症化し死に至ったことが推測される数字
となっている。

パンデミックの波の後になればなるほど
重症化する例が多い」

というのはスペイン風邪のたどった揺るぎない
事実である。

つまりパンデミック津波のようなもので、
第1波が押し寄せて収まったと思っても
またすぐに第2波、第3波が来る、
という事実を示している。



ネットの皆さんは?

🔸 WHOが日本のコロナ対策を評価した
というニュースに違和感を覚えました。
感染者が少ないのは検査が少ないからです。
でも死者は世界的に見ても少ないんです。
不思議です。
とは言え、池上さんのテレビを見れば、
スペイン風邪の時は第2波の方が
死亡率が高く、油断禁物です。

🔸既に北海道、北九州市ではコロナ第2波発生。
本当に政府対応遅い。 やる気のなさが浮かびあがる。
大都市圏で第2派がきたら考えようか・・と
悠長に構えているとしか思えない。
この対応の遅さでは アジア圏に比べ
死亡率の高い欧米諸国から 嫌悪され
来年の東京五輪も疑問符がつく。

🔸なんとなく収まって来た。
日本は、死亡率も世界と比べると低く、
ゆるい制限で終息出来たと評価も有るらしい。
だけど…コロナは変異する第2波、3波が
かかると半分死んじゃう!
と成った時に国は民をどの位、強制する力が
有るのだろうか?無いと困るし有り過ぎも…
今ちゃんと考えるべきだと思う!

🔸しゃしかし………しかも北海道は札幌が
多いらしく……不必要に行ったり来たり
するの駄目です……ってなってるですけど……
病院が札幌だから……行かないといけない
&……コロナちゃんになると死亡率が高く
なる疾患者なので…… 尚のこと、
第2波は怖くて……怯える日々です←



まとめ

いかがでしたか?

当時のスペイン風邪によるパンデミック
の刃は、全年齢層にくまなく襲い掛かった
のもまた事実であったのです。

現代のパンデミックは、明らかに守るべき
対象――高齢者や基礎疾患保有者が
明確に存在しており、社会の全年齢階層を
巻き込んでの大流行への危惧は杞憂と
言うべきではないか?

過去の学姿勢が求められているのです。



関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!
の記事はコチラ

⇒ニッコー(株)の評判が脅威だ!液体ガラスとは?塩田社長の発想がヤバイ?
の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。