マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

東京アラート発令!何故今か?第2波襲来確実か?検証!

スポンサーリンク

f:id:oyakudachi395:20200603085641p:plain
東京都は2日、新型コロナウイルスの感染が
拡大する兆候があるとして、都民に警戒を
呼び掛ける「東京アラート」を初めて発動
しました。

34人の感染が判明し、危機感を持っております。

ここでは、「東京アラートなぜ今?」
「新型コロナ感染の第2波襲来か?」

に迫ってみました。


「東京アラート」東京都の実態は?

f:id:oyakudachi395:20200603090049p:plain


小池百合子都知事の説明によると、

「東京アラートですが、都内の感染状況を
都民の皆さんにまず知ってもらう、的確に
知ってもらうというもの。
これを機会に改めて例えば夜の街、3密
など十分注意をして頂きたいと思う」

と述べた。

6月2日に都内では新たに34人の感染が
確認されました。

30人を超えたのは先月14日以来で、
感染が再び拡大する兆候があるとして、
小池知事は都民に警戒を呼び掛ける
東京アラートを発動しました。

これを受け、これまで7色だった
レインボーブリッジと都庁のライトアップを
感染への警戒を示す赤色に切り替えました。

休業の要請をどうするかについては、
現在のロードマップの「ステップ2」の
まま変えないとしています。

しかし、今後も感染者が増え続けた時は再び
休業などの要請に踏み切る可能性があります。




東京アラート、なぜ今か?第2波襲来か?

東京アラート発動の目安となるのは、新たな
感染者の数が1週間平均で一日20人以上、
感染経路不明の割合が50%以上、
1週間の新規感染者が前の週を超える
ことです。

直近は、感染経路不明の割合は目安に達していて、
1週間の新規感染者は前の週の2倍以上となり、
2つの数値が目安を上回ってます。

東京都によると、2日までの1週間に確認
された感染者114人のうち、約3割にあたる
32人が、接待を伴う飲食店の客や従業員
だといいます。

小池知事:「2日の感染者数は34人。30人を
上回るのは先月14日以来。病院の集団感染が
あるとはいえ、警戒すべき数字。
また、週単位の陽性者増加比も高い水準で
推移している。この一定の割合の人が
“夜の街”関連とみられる。

その約半数が新宿エリアにおける飲食、
接客業関係者が占めている。

こうした状況を受け、東京都新型コロナ
ウイルス感染症対策審議会の委員の意見を
踏まえて『東京アラート』を発動する」

このタイミングで、東京アラートを発動
したのは、1日から緩和『ステップ2』に移行し、
活動を再開する業種も増えたこともあり、
これから感染者の増加が予測される
2週間後を見据え、早めに
「まだ緩めすぎちゃだめ」と注意を喚起
したと思われる。

緊急事態宣言前の生活に戻ってはだめ。
“3密”を避け、ソーシャルディスタンスを取る。
これらをしたうえでの新しい生活様式
踏んでいくことが大事。

小池氏は「ステイホーム週間が終わった後の
増加ということだと思う。
院内感染と夜の街の対策は明確な課題なので、
しっかり対応したい」
と危機感をあらわにした。

当面は、ステップ2の状況は変わらないが、
“東京アラート”とともに、第2波の足音が
忍び寄っている。





東京ロードマップとは?

東京都は、新型コロナウイルス感染症に伴う
緊急事態宣言の解除に向け、社会経済活動再開
のためのロードマップを策定した。

感染状況を見ながら、ステップ1~3まで
徐々に緩和し、段階的な活動再開を目指す。

以下に票を示します。

f:id:oyakudachi395:20200603085751p:plain




まとめ

いかがでしたか?

東京タワー、レイン某ブリッジ、都庁が、
「赤くライトアップ」されました。

北九州市では、“第2波の真っただ中”
ですが、東京都も、第2波襲来が最も
心配されております。




関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!の記事はコチラ

⇒ニッコー(株)の評判が脅威だ!液体ガラスとは?塩田社長の発想がヤバイ?の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。