マイクのお役立ち情報

日々のニュースの中から関心の深いものを選別しお届けします。

堺雅人氏のWiki経歴と嫁さん・菅野美穂とはラブラブが人気?子供は?

スポンサーリンク

f:id:oyakudachi395:20200715095611p:plain

平成のドラマ史上最高となる視聴率42.2%
を記録した『半沢直樹』の人気が止まらない。

多くのサラリーマンが。「倍返し」
「やられたらやり返す」の小気味の良い
演技に同調しているのです。

ここでは、堺雅人氏のWiki経歴」
「嫁さん・菅野美穂とのラブラブ生活」
「子供は?
」に迫ってみました。



堺 雅人氏のWiki経歴

f:id:oyakudachi395:20200715095540p:plain

◆ 名前:堺 雅人(さかいまさと)

◆ 生年月日:1973年10月14日(46歳)

◆ 出身地:宮崎県宮崎市

◆ 血液型:O型

◆ 身長:172㎝

◆ 学歴:宮崎県立宮崎南高等学校
     早稲田大学第一文学部中国文学中退。

◆ 職業:俳優・声優

◆ ジャンル:映画・テレビドラマ

◆ 活動期間:1992年~

◆ 家族:妻・菅野美穂

◆ 好物:好物はお寿司で、特にウニとイクラが好き。

◆ 趣味:歴史小説好角家

◆ 事務所:田辺エージェンシー

堺雅人氏の経歴

・3人兄弟の長男。

・中学時代は吹奏楽部、高校時代は演劇部に所属。

・2008年4月放送の単発ドラマ『世にも奇妙な物語
 2008年春の特別編「フラッシュバック」』でドラマ初主演。

・2008年『篤姫』にて徳川家定を演じる。
 映画『クライマーズ・ハイ』、『アフタースクール』などの
 演技が高く評価され、主要映画賞を受賞。

・2013年7月には、主演を務めている連続ドラマ『半沢直樹』は
 ビデオリサーチがオンライン調査を開始して以降、
 関西地区の最終回の平均視聴率が45.5%で歴代1位、
 関東地区が42.2%で歴代4位の大ヒットとなった。

・平成以降に放送されたテレビドラマでは、
 歴代1位の記録となった。
 演じる半沢の決め台詞「倍返しだ!」が流行し
 同年の新語・流行語大賞大賞を受賞した
 (名義は堺雅人、TBS『半沢直樹』チームの連名として受賞)。

・2015年5月4日、妻の第1子妊娠を明らかにした。
 8月13日、第1子男児の誕生が公表された。
・CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、
 演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれた。





嫁さん・菅野美穂との馴れ初めとお子さんは?

f:id:oyakudachi395:20200715095817p:plain

嫁さんは、菅野美穂さんです。

ベテラン大女優として、多くのドラマや映画に
出演している方なので大半の方がご存知でしょう。

二人の出会いは2012年に公開された映画
『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』での
共演でした。
f:id:oyakudachi395:20200715095845p:plain

堺さんは男らしく、「付き合ってください」
と菅野さんに告白したのでした。

堺雅人さんが誠実な性格であることは菅野さんも
知っていたようで、そんな彼となら付き合っても
いいと思い、結婚を前提にという約束のもと、
堺さんの告白にOKしたのでした。

交際期間3か月で結婚に至っています。
結婚を発表したのは2013年4月2日。

今でも嫁との夫婦仲は円満だといわれています。

二人がうまくいっている最大の理由は、
堺さんと菅野さんの二人には共通の趣味があるからだといわれています。

二人の共通の趣味は、「一人旅」と「読書」。

堺雅人さんと嫁・菅野美穂さんの間には、子供が二人います。
f:id:oyakudachi395:20200715095930p:plain

第一子は2015年8月13日に誕生。性別は男の子。

第二子は2018年12月3日に誕生。性別は女の子。

子供ができてからの堺雅人さんは子育てや
家事にも協力的なイクメンパパとして知られ、
東京都内の公園で子供とはしゃぐ姿が目撃
されたこともありました。

仕事を終えたあとの堺雅人さんは、
今でも真っ先に自宅へ帰るようにしており、
子供を幼稚園に送ってあげることも多く、
そんな子煩悩な堺さんに称賛の声も多く
あがっています。




まとめ

いかがでしたか?

半沢直樹」の評判は、上昇するばかりです。

お嫁さんとの仲も“羨ましいほど”です。

菅野美穂さんは堺さんと結婚後は仕事を
減らしていますが、子育てが落ち着いたら、
また昔のようにたくさんの作品に出演して
くれるのかもしれません。

日曜日の法相が楽しみです。




関連記事は以下にもあります。



⇒岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!の記事はコチラ

⇒ニッコー(株)の評判が脅威だ!液体ガラスとは?塩田社長の発想がヤバイ?の記事はコチラ



最後までお読みいただきありがとうございます。